shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年7月3日

○広島へ行く途中の船旅を楽しむ

 「今日はこれから広島でまちづくり・人づくりセミナーがあり、講演を頼まれていますので出かけます。帰りは夜になります」。こんなメッセージをブログに書いて朝早く家を出ました。広島へ行くのは松山観光港から船に乗ると高速船で1時間20分くらい、フェリーだと倍の2時間40分くらい所要時間がかかるのです。このルートを高速船で往復すれば13,800円かかります。フェリーに乗れば往復7,000円と半額なのです。私のようなリタイアして年金暮らしの貧乏人間にとってはかなり高いと思うので、少し早く家を出て少し遅くなって家へ帰ることをいとわなければ、フェリーのノンビリ旅も悪くはなく楽しいものです。

 昨日の「まちづくり・人づくりセミナー」は午後からだったので思い切ってフェリーにしてみました。こんなスピードの速い時代にあえてフェリーに乗る人は少ないだろうと思いきや、私のようなへそ曲がりの人の沢山いて、縁もゆかりもないのに、「どちらまで行かれます?」とか、「面白いカバンをお持ちですね」と木のカバンを目敏く見つけて話しかける人もいて、和気あいあいの旅となりました。またフェリーニは和室というべきか横になって休める部屋もあって、ついウトウトしながら休めたり、本を読んだりして過ごしました。

 松山観光港を出て1時間半くらいで音戸の瀬戸という狭い場所を通ります。平清盛ゆかりの瀬戸は船が一隻通るだけの細い運がですが、行きかう船に注意しながら減速してゆっくり長閑に走るのです。やがてフェリーは途中の寄港地であるかつての軍港呉に到着します。ここは大型船から海上自衛隊の艦船まで、まるで船のオンパレード、見本市のように様々な船が楽しめるのです。特にIHIの造船所があるので10万トン級のタンカーが手の届くと子に見えるのは圧巻で、日本人の技術力の高さを垣間見ることができるのです。また沖合いには見たこともないような戦艦が停泊していて、軍国復活なんて想像をしてしまうのです。

若松進一ブログ

(珍しい潜水艦の航行風景)
若松進一ブログ
(呉IHIの建造船)

若松進一ブログ

(呉港に停泊している海上自衛隊の艦船)
若松進一ブログ
(大和ミュージアムの屋外に展示された潜水艦)

 ウトウトしていると、ある子どもが「お父さんあれは何?」と指さしていました。てっきり大和ミュージアムの屋外に展示している鯨のような潜水艦だと思いきや、海上を潜水艦が走っているのです。私たち一般の人間には馴染みの薄い潜水艦ですが、こうして目の前を悠然と走る姿を目にすることは珍しく、急いでデッキに出てデジカメに収めました。さっきの親子連れも私と同じようにデッキに出て、物珍しく眺めていました。

 私たちの乗ったフェリーが呉港に寄港している間に潜水艦は島影に隠れてしまいましたが、ほんの少しの間にいい光景を見て何か得したような気持になりました。


  「潜水艦 走る姿を 目の当たり 見知らぬ親子 デッキで感動」

  「呉港は 色々船の 見本市 見まがうほどに 楽し光景」

  「どちらまで はい広島へ 講演に 縁なき人と 言葉交わして」

  「のんびりと 昼寝しながら 瀬戸内の 夏の海行く 楽しからずや」

 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記」への5件のフィードバック

  1. しげた

    SECRET: 0
    PASS:
    若松さんの話を聞いて夢や希望を持てたり、思い出せたり人は沢山いらっしゃることでしょう。
    若松さんのお話は中身だけでも大変素晴らしいうえ、
    ユーモアをふんだんに盛り込んだ話のアレンジがまた素晴らしいです。
    話を聞いて笑って幸せになる。
    話の中身に触発されて、一歩踏み出すことで幸せになる。
    若松さんのお話にはそんな力があると思います。
    若松さんはまさに幸せを売るセールスマンだと思いますよ^^

  2. shin-1

    SECRET: 0
    PASS:
    しげたさんへ
    毎日日本列島を木のカバンを持ってフーテンの寅さんのように旅をしています。私は幸せを売るセールスマンだと自認していますが、果たして笑顔や幸せはもな産のお役に立っているのでしょうか。
      人間牧場主 若松進一

  3. しげた

    SECRET: 0
    PASS:
    ご紹介頂きありがとうございます。
    大変光栄です。
    若松さんの講演会の感想を仲間内のメーリングリストで披露したところ、
    和田崇さんの息子さん、和田周大さんから熱のこもったコメントを頂きました。
    若松さんの活動に感動された話を披露してくださったり、
    「穴あきポケットから菜の花の種」の荒業の紹介などをしてくださいました。
    若松さんの話に感銘を受けられている方は沢山いるんだろうなあ、と思った次第です。

  4. shin-1

    SECRET: 0
    PASS:
    しげたさん
    感動したものですから、あなたのメールをSさんという匿名でブログで紹介させていただきました。悪しからずご容赦ください。
      人間牧場主 若松進一

  5. しげた

    SECRET: 0
    PASS:
    今日のセミナーでは貴重なお話をお聞かせ頂きありがとうございました。
    多くの学びと気づきを得ることが出来ました。
    最も印象に残ったのは、若松さんのまちづくりに取り組み始めた動機です。
    「地域の人がふるさとを語ることが出来なかったのを嘆き、自慢できるようなふるさとにしたい」というお話に強く心が動かされました。
    この話を聞いて私の頭に思い浮かんだのは私のふるさとではありません。
    今務めている役所です。
    いま公務員は自分が公務員であるということすら言いにくい状況です。このような状況でいいまちづくりが出来るとは思えません。
    胸を張って「私は公務員です。○○を担当していて、住民のみなさんの○○のために仕事をさせて頂いています」と言えるような役所にしたい。
    心からそう思いました。
    また若松さんのお話をお聞きしたいです。
    若松さんの今日の一番のキーワードはふるさとを思う気持ち。二番目は実行・実践だと思いました。
    次お会いするときには今日からその日までに実行したことをお話しできるようにしなければ、という思いで今日からがんばります。
    ありがとうございました。

コメントは停止中です。