shin-1さんの日記

○大分県の波紋と夫婦

 一昨日双海町のシーサイド公園へ立ち寄ると、ある人から唐突に「若松さん、あなたも教育長をしていたのですから、気が気ではないでしょう」と意味ありげな質問を受けました。「何のことですか」と問い直すと、「大分県の教員採用試験にからむ汚職事件ですよ」とのことです。どうやら暗にこの事件はイモツルの如く全国に飛び火しているようなので今に愛媛県にも、そしてあなたの身にもと思ったのに違いありません。

 確かに私は2年間の短い期間ならら、そして人口55百人の小さい町ながら教育行政のトップである教育長を務めました。小学校3校、中学校2校の人事にも深くかかわってきたことは事実です。でも今の教員人事は教育長や校長、それに当事者たる教員の意見や要望は聞いても、最終的に人事を決定するのは県の教育委員会なのです。町立ながら予算権も人事権もないのですから、教育長といえど人事にまつわることに関しては火も煙もまったく立たないのです。

 まあそんな話をしたって、一般の人は大分県の教員採用事件を聞けば、教育委員会は県も市町村もすべて同じだし、大分県が悪ければ全国の教育委員会は全て悪だと思うのは当然な話のようなのです。

 大分県で起こった今回の事件は商品券を贈るというものなのですが、中には百万円もの商品券を贈った人もいるから驚きです。もし私が教育長として百万円の商品券を貰って家にとって帰り妻に渡すと、私の妻はどういう反応をすのだろうと考えました。もちろん私は受け取るはずもありませんが、妻は「ありがとう。助かるわ」なんていうはずはなく、「返えしなさい」となだめるに違いはないのです。

 私の近所に住む若い人がパチンコにのめり込み、それがもとで離婚しました。その夫婦の別れ話に立ち会わされましたが、二人の話を聞くと奇妙なことに、パチンコにある時は夫婦で出かけ、またある時はパチンコに勝ったお金で食事をしたり家族旅行までしているのです。パチンコの全てが悪だとは思いません。ストレスの多い現代ですから、たまにはパチンコで心の憂さを晴らすのもいいと思います。しかし度が過ぎると奈落の底へ落ちるのも博打なのです。

 しかし大事なことは、お金の管理者たる奥さんが暗黙で了解し、自らも加担しているのです。お金を儲けた時はいい顔をして、負けた時は怒るこの何とも考えにくい姿には開いた口が塞がりませんでした。

 結局この夫婦は、私の説得も効かず離婚をしましたが、一番貧乏くじを引いたのは夫婦当事者でも調停に入った私でもなく、二人の子どもなのです。

 二人の子どもは兄弟でありながらまるで荷物のように二つに分けられそれぞれの親が面倒を見ていますが、母親と子どもはいいとして、父親と子どものペアーはどことなくぎこちなく、将来が心配で、復縁の話が持ち上がっています。

 大分県の今回の事件も元はといえば子どもを先生にしてやりたい親心の表れでしょうが、接見した弁護士に当事者が漏らしたように、結果的には「子どもの将来を台無しにした」ようです。悪の栄えたためしはありません。お中元の季節です。役職のない私への贈り物などする人などいませんが、せめてどこから贈り物が来たのか、あるいはどこへ贈り物をすべきか、せめて妻のチェックがあれば大分県の事件も起らなかっただろうにと思うのです。

  「教員は それ程魅力が あるのかな まるで商品 券で買えるか」

  「嘘つくな 言う教員が 嘘をつく 誰を信じて よいのか子ども」

  「今頃は ひょっとしたなら 自分にもと 一喜一憂 してる人あり」

  「先生といわれ 校長なっただけ 死ねば必ず 叙勲を受ける?」


  

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。