shin-1さんの日記

 「今日から二日間広島県東広島市へ旅に出ます。明日は帰ります。御機嫌よう。 人間牧場主敬白」とメッセージを残して今朝早く家を出ました。毎日猛暑日の続く四国ですが、早朝の道はすがすがしく、冷房を切って窓を開け、戸外の風を取り込みながら高浜の松山観光港まで走りました。交通量の少ない早朝ゆえスムースに走れ、港までは1時間足らずで到着しました。本当は高速船に乗るのですが、東広島市の今岡さんから新採職員研修の資料を送られていて、研修に参加するメンバーからの私に対する質問に対する回答を、このところの忙しさにかまけて全て目を通していないため、フェリーだと適当な時間のため、あえてフェリーの便を選びました。

 船旅は実に快適で、船室の椅子にもたれての作業は順調に進み、音戸の瀬戸を通るころには、全てを終わっていました。

 少し甲板戸外に出て風に当たりながら知り人話しながら、のんびりゆっくりの船旅を楽しみました。宇品へは予定通り9時10分に着き、電車で広島駅を目指しました。比治山下経由の電車で約35分、さらに広島駅発西条方面行きの電車に乗り、インターネットで調べたとおり、10時45分に西条駅に到着し、昨年と同じく早坂さんの出迎えを受け中央公民館の人となりました。

 講演会は午後1時からなので課長さんや係長さん、それに今岡さんと私で、昨年と同じ店で食事をしました。

 1時からの研修会は午後の4時間全てが私の時間とあって、どのような組み立てをするか余り考えぬままアバウトな気持ちで話し込みました。今日のテーマは「若松さんの仕事が面白くなる話」だそうで、休憩を挟んでたっぷり2時間30分話をさせてもらいました。

 その後事前に送られてきていた参加者からの質問に答える形で進行しましたが、残念ながら質問と回答で1人5分を予定して話しましたが、3分の1はお話をしないまま時間切れとなってしまいました。

 いい質問が送られてきていただけに返す返すも残念ですが、この話の続きはメールでと断って時間切れ、話を終えました。

 その夜は谷川君からお誘いのあった若手職員の研修会に顔を出しました。コミュニケーションの取り方をワークショップ形式で学ぶもので、私も参加者になって学びました。朝が早かったためと、4時間に及ぶ長丁場の研修会が終わって緊張の糸が切れて少々お疲れモードでしたが、何とか若手について行くことができましたる

 その後は、近くの飲み屋に繰り出し会費制の交流会をやりました。参加した人たちも楽しい人たちばかりで、2時間があっという間に過ぎました。あくる日の研修会が午前中3時間、午後3時間と長丁場のため、10時ころ早々においとまし一人歩いて帰りましたが、帰り際隣の部屋で飲んでいた人たちと一緒になりました。私が余興で吹いたハーモニカが暖簾を伝って隣の部屋を巻き込んで、私の演奏に合わせて歌ってくれた人たちなのです。中には子どももいて嬉しくも寂しい別れとなりました。ああ今日も完全燃焼したようです。

  「海渡り 今日は海外 旅行かと 見まがうほどの 人に出会いて」

  「夜十時 気がつき早々 お暇を 東横インの ネオン頼りに」

  「この町は 二度目ことゆえ 知っている つもりが忘れ 右往左往す」

  「この町は 学生多く住むという 生かせばおもろい 町になるのに」 


                    

             

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。