shin-1さんの日記

○上灘川の源流を求める小さな旅②

8p> 源流を見つけた帰り道、大きな木に出会いました、何という木の名前かは葉っぱが高いため分りませんでしたが、とにかく予にも珍しく根が道沿いにまるで大蛇のように10メートルも伸びているのです。根元にはこれまた珍しいサルノコシカケにも似た真っ白いキノコが生えて、木の直ぐ横に石で造った祠があって、何とも不気味な感じがしました。その木に寄り添うように山藤のこれまた太いツルが天に向って伸びているのです。この山藤もお見受けした所天然記念物級のようでした。

 上灘川の源流を探す小さな旅の楽しみは、途中で源流水を使って作ったうどんや素麺を食べる昼食です。民家近くの水場にテントを張ってスタッフの一団がうどんと素麺の準備をしてくれていました。手酌で水をすくって飲みましたが、やはり天然水の味は格別で、子どもたちも美味しい美味しいと飲んでいました。私も妻に作ってもらった弁当広げ、うどんや素麺に舌鼓を打ちながら子どもたちと一緒に食べました。

 子どもの一人が側溝の穴に落ちて小さなハプニングがありましたが、タンコブが出た程度で大事に至らずほっとしました。子どもたちに草笛を吹いたり、カズラを取って帽子飾りのリースを作ったりする遊びをちょっとだけ教えてやりましたが、子どもたちも真似をして遊んでいました。

(カズラで作ったリースを頭に被って得意げな大谷さん)

 昼食を終えた一行は翠小学校までマイクロバスで下りました。子どもたちは長靴に履き替えて川遊びです。折からの猛暑の中なので、子どもたちは川に入って歓声を上げました。約500メートル下流まで川の清掃です。この川はホタルの里なので随分綺麗に整備されていますが、川にはナイロン系のゴミもあって、私も沢山ゴミを拾いました。私はあいにく長靴を持っていないため、石の上を飛びながら渡ってゴミを拾いましたが、最後は子どもたちに捕まって川の中へ引っ張り込まれ、水をかけらてしまいました。

 子どもたちが遊んでいる間、スタッフは近くのピザハウスでせっせとピザ焼きの準備です。小麦粉を練って捏ねたり天日で発酵させたり、男性はピザ釜に火を入れ、甘夏柑を半分に切って生ジュースを絞ったり、一生懸命です。私も初めて小麦粉を捏ねたり生ジュースを絞りました。

(生ジュース絞り)
(捏ねて発酵させた生地を伸ばす作業)

(ピザ釜に火を入れる作業)


 やがて川遊びでびしょ濡れになった子どもたちが帰って来ました。丁度焼き上がったピザを切り分けてもらい、一人2枚ずつ食べましたが、カレー味の手づくりピザは翠地区グリーンツーリズムの目玉だけに、絞りたてのオレンジジュースとともに格別な美味しさでした。

(焼きたてのピザを食べる子どもたち)

(ピザは子どもたちに大人気でした)


 クイズグランプリを楽しんだ後、予定通り支所前に到着し解散をしましたが、初めて経験した源流を探す子どもたちの小さな旅は、もう一度今度は下灘の豊田川の源流探しが予定されています。8月にはキャンプも予定されていて、子どもたちにとっても私にとっても楽しい夏になりそうです。

 このところの戸外での活動で、私の顔も腕も真赤に日焼けして、すっかり逞しくなってきました。昨日知人に会ったら私の日焼けした顔を見て驚い多様で、「若松さんお元気そうですね」と声をかけられました。

  「人知れず 山の中にも 記念物 自慢見せたい 叶わぬ夢か」

  「遊ぼうよ 水を掛けられ 川の中 童心帰り 全身ずぶ濡れ」

  「粉を練り 粉を捏ねつつ ピザつくり 今時子ども これを喜ぶ」

  「いつの間に ピザ釜造り ツーリズム 人気抜群 繁盛してる」


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。