shin-1さんの日記

○愛媛県町村会研修会に参加して

 3年前愛媛県の市町村が合併して、70の市町村が20市町になりました。それまでは市に比べ圧倒的に多かった町村ですが、市が13に増えたのに比べ、町の数は松前町・砥部町・久万高原町・内子町・上島町・鬼北町・松野町・愛南町の8つに激減してしまったのです。これではどう頑張っても町村会の馬力はつきにくく、当分は苦悩の日々が続くことでしょう。

 昨日はその町村会の招きで、中級職員16名と係長職員15名合同の研修会に招かれ、「合併後の地域づくり」について、えひめ青少年ふれあいセンターで講義を行いました。少し早めに出かけたため昼食までご馳走になり、午後1時から1時間50分にわたりお話をしましたが、私の紹介を研修生として参加していた愛南町の脇田さんが担当するなど、端々で知人友人にも出会い旧交を温めましたし、講義が終了すると次の講義を担当している町村会の会長である松前町長の白石さんにもお会いすることが出来ました。

 このところ毎年のように講義を担当している私がこの研修で最も強調したかったことは、合併しなかった町が何処か置いてけぼりのような錯覚にとらわれがちですが、大きいことはいいことという風潮より、むしろスモールモアビゥティフルの考えを持つべきという考え方です。確かに愛媛県内はまるで遺伝子組み換えのように、大きな市が周辺の弱小町村を飲み込んで誕生しましたが、合併して早くも3年、合併して誕生した新しい市では早くも中央優先あるいは中央横並び、中央軸足の傾向が出始めており、端々では限界集落や学校統合などの問題が徐々に出始め、住民は将来への募る不安におののいているようです。

 そこへ行くと小さな町は小さな政府を目指してそれなりの血の通った行政が出来ているようで、既に様々な新しい取り組みや斬新な企画が打ち出され実行に移されているのです。役場職員は時代の流れと住民のニーズを的確にとらえ、住民が将来への夢や希望を持って暮らしてゆけるようしなければなりません。風通しのよい血の通った行政が出来る職員の存在こそいい町をつくる大きな力なのです。

 職員も町長も議員も、町を愛する、町のためにする、町を正しい方向に導くという共通の意識さえ持てばいい町は必ず出来るのです。

 私は講義のために壇上に立ち、私の話を聞く研修生を見渡しながら話しましたが、確かに眠ることもなく熱心に話を聞いてくれましたが、どこか迫力がないような気もしました。多分それは問題意識が弱いのかも知れません。また日頃の仕事に熱が入っていないのかも知れません。かつて私がそうであったように、研修会に何かを求め、研修会で得た成果を仕事や人生に生かせるような職員になって欲しいものです。

 講義が終わって3人の研修生が控え室に私を訪ねて来ました。二人は顔見知りでしたがこんな小さな出会いだってこれからの大きな一歩になるのです。

 「人は人によりて人となる」はある人の本の題名ですが、今までも今も、ひょっとしたらこれからも人は人によりて人となります。いい人に巡り会い感化を受ける、このくらい素敵な学びはないのです。私のような凡人に会うだけでも少しは前進の糸口になるかもしれないのです。「小さな町よ頑張れ、小さな町の職員よ頑張れ」と私はこれからもエールを送り続けます。

  「小さいと 心の通う 行政が 出来るはずです あなた次第で」

  「もう少し 元気を出して 歩こうよ さすれば明日は いいことあるよ」

  「職員が やる気を出すと 住民も 元気になって 町も元気に」

  「冷房の 効いたお部屋で 涼しいな 眠っていても 給料もらえる」


 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。