shin-1さんの日記

○涙の話

 今年90歳になる親父が昨年の11月に白内障で手術してから、目に関することが気になり始めました。私はこれまで近眼・老眼にはなったことがなく、サングラスの類を含めた眼鏡と称するものはかけたこともなく63歳の今日をを迎えています。多分子どもの頃から目が悪くなるほど勉強しなかったせいでしょうが、80歳で死んだおふくろも死ぬまで眼鏡なしで新聞を読んでいましたから、ひょっとして目がいいのはおふくろ家系の遺伝かも知れないと思うのです。

 パソコンが普及して、子どもの頃から殆どの人がパソコンを使うようになったからでしょうか、最近は眼鏡をかけて仕事をする人が目立って増えました。特に老眼といえばお年寄りと思われがちですが、40代後半から50代前半でも老眼のご厄介になっている人は結構多いようです。そのためか眼鏡を売る店が増えていて昔は「時計・眼鏡店」なんてまったく無関係なものを組み合わせたお店が町の中に一軒くらいあったようですが、滅多に売れず開店休業のような感じでした。それがどうでしょう、時計はデジタルになって使い捨ての時代になって専門店など殆どなく、「時計宝石店」とこれまた何の関係もないようなものを組み合わせ、かろうじて生き延びているようです。ところが余り商売にならなかった眼鏡の方が繁華にお店を増やしているのですから世の中は分らないものです。

 親父を眼下に連れて行った時、眼科の病院で「ご自由にお持ち帰り下さい」という資料立てに「涙の話」という僅か10ページのパンフレットが置かれていました。何気なく手に取り何気なく車に積んで帰り、何気なく時が過ぎました。昨日車を掃除しているとそのパンフレットが目に留まりました。

 ①涙はどこからきてどこへいく

 上まぶたの外側あたりが主涙腺という涙の生産工場、ここから出てきた涙は、目の表面を一様に潤したあと、約10パーセントは蒸発し、残って古くなった涙は目の内側にある小さな穴「涙点」へ、そこから目と鼻をつなぐ「涙小管」から「鼻涙管」という涙の下水道を通り鼻腔へと流れるのです。

 ②まばたきのポンプが涙を運ぶ

 まばたきはいわば涙のポンプです。まばたきする度に目の表面に一定量の涙が送り込まれてきます。乾きそうになるとまたパチリ、私たちは一分間に約20回から30回程度のまばたきを繰り返して、目の表面をリフレッシュさせているのです。読書やパソコン作業をするとまばたきの回数は普段の4分の1くらいになるそうです。

 ③か弱い目を守る涙のベール

 涙は目が正常な働きをするために欠かせないものです。キズつきやすく、か弱い目を外界のばい菌や異物~守ります。また角膜へ酸素や栄養分を届けるのも涙の役目です。この他にもものを見るという目の働きを様々な点から支えています。

 ④涙は不思議なサンドイッチ構造

 涙の膜は油層、水層、ムチン層の三つの層から成り立っています。うち98パーセントが水層で油層トムチン層がサンドイッチののようにはさんでいます。涙は僅か7ミクロンの薄い膜、油層は涙の蒸発を、ムチン層は涙が流れ落ちないように目の表面に粘着する糊の役目を果たしているのです。

 ⑤涙が減ると危険な状態

 目が疲れたと感じるのは、その原因の60パーセントが目の乾きにあるといわれています。運転や細かい作業をしたとき、乾燥した部屋にいるとき、睡眠不足やストレスが高いときは要注意です。

 コンタクトレンズは目に大きな負担をかけているので、正しい知識で使うよう心がけましょう。

 まあこんな感じのことが書かれていました。私の最大の疑問点である悲しいときに何故涙が出るのかについては、結局分らずじまいでした。私は感動派でよく涙が出ます。これも悪いことではないにしてもどれ程いいのか分らず、次の機会に病院で聞いてみたいと思いました。

  「目に涙 分らないこと 多過ぎる 知れば知るほど 人間凄い」

  「ドラマ見て もらい泣きする お涙も 涙工場 目の上辺り」

  「顔悪い でも目だけは 母譲り 天国母に 感謝の線香」

  「眼鏡代 今まで払わず 生きてきた これから先も 涙でカバー」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。