shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年11月29日

○風邪を引いてしまいました

 この30年余り、風邪など引いた記憶がないほど風邪には強い男と自負していたのに、ついに風邪を引いてしまいました。「風邪を引いたら病院に行って注射をしてもらうか薬を飲んで温かくして寝ること」とか、卵酒がいい」などといわれていますが、注射の嫌いな私はまず病院へ行くと注射を打たれるという、まるで子どもみたいな理由で病院へは行かず、卵酒も体の都合で断っているためやることが出来ず、処方箋もなくただ置き薬を飲んで自然治癒力を信じてひたすら直るのを待っているのです。

 私の風邪の原因は、全国を駆け巡る旅人としては特定できませんが、思いあたる節は孫尚樹が風邪を持ち込んだ形跡があるのです。先週の週末は娘の家族がわが家にやって来ました。その折孫尚樹は鼻水をゾロゾロ出して、娘が病院へ連れてゆきました。飲み薬で帰る頃には鼻水も収まって帰って行きましたが、その頃から私の体に異変が起こり、喉が痛くなって声が出なくなってしまいました。お話をすることが多い私にとって声が出ないことは致命傷なのです。自分の家で作ったカリン酒などを試してみましたが効果がなく、そのまま滋賀県米原市ルッチ大学へ出張したり、生協の理事会へ出席したりしながら回復を待ちましたが、一向に治らず、昨晩の人権教育集会への出席などは最悪で、搾り出すような私の声にさぞかし聞きづらかったのだろうと、すまなく思っている次第です。

 妻が言うのには、孫尚樹の風邪がうつったのも原因かも知れないが、このところの忙しさで疲労が蓄積しているのだと、休息するよう勧めてくれますが、スケジュールは既に組まれており、休むことも出来ないと反論しています。「命が第一」とまるで死ぬ前のような大袈裟な表現をする妻の話を聞く度に、長年連れ添い、毎日顔色を伺って暮らしている女の言うことですから、一利あると納得しながら、やれ「下着を厚く着込んで」とか、「これは風邪に良いから食べなさい」とか、まるで医者のように細々指示をして優しく振舞う妻の姿をあり難いと思わずにはいられないのです。風邪を引いてから妻の優しさに気付きました。こんなに優しくしてもらうのなら一年中風邪を引いていたいくらいな優しさなのです。やはり自由人となって心もとないながらも私を一家の大黒柱と認めているようです。

 明日は佐田岬半島の伊方町で地域づくりのミニフォーラムが計画されていて、これも休む訳には行きません。運良く昨晩研究会議の事務局をつかさどる松本さんから電話が入り、彼の車に便乗できる事になり大助かりです。県内の移動といいながら片道2時間もかかるのですから、運転しないのは何はともあれ体の負担は軽減されるのです。

 今晩は早めに寝て明日は万全とまではいかなくても、しっかりと働きたいと、早々とならぬ11時40分にパソコンを切り上げ、妻の温かい布団にもぐりこみました。おとなしく・・・・。

  「風邪引いて 妻の優しさ 身に染みる こんなのだったら ずっと引きたい」

  「厚着して 薬を飲んで うがいして まるで子どもだ ご指示通りに」

  「原因は 体の疲れ 分るけど 直ぐに止めれぬ 混んだ日程」

  「疲れると 風邪まで体 住みついて 日頃の不精 少しは悔いる」