shin-1さんの日記

○滋賀県米原市へ行って来ました(ルポ・②)

 滋賀県米原市とのご縁はもう7~8年も前に遡ります。合併する前の山東町は国の天然記念物に指定されているホタルの生息地ですが、ホタルの保護活動のネットワークを作ろうと全国の自治体に呼びかけてワーキング組織を立ち上げました。その中心になっていたのが山東町でした。この会は全国持ち回りで会場を移して勉強会を行っていましたが、そのご縁で世話をしていた教育委員会のの中川澄子さんと知り合い、そのことがご縁で同じ教育委員会に勤める坪井さんとも知り合ったのです。旧山東町には生涯学習センターのような施設があり、その施設の名前を取って、地域づくりの勉強会をするのルッチ大学なのです。学ぶ意欲の旺盛な方々が参加していて、私も毎年のように講師のひとりとして招かれましたし、ルッチ大学の修学旅行に双海町をご指定いただき、深い深いご縁となったのです。

 今回のルッチ大学も、9月8日に面々が双海町へこられそのお世話役が藤田女史なのです。この手の塾のような学習組織は行政の後押しがなければ中々続かず未熟・半熟・塾々で終わってしまうのですが、中川さんや坪井さん、藤田さんの努力で合併後もここまで続けられた成果は凄いと思うのです。

 この日の集会は午後7時30分から始まりましたが、坪井さんと中川さんが表敬にやって来てくれました。中川さんは定年を待たず合併を機に退職し勤労青少年ホームの館長として指定管理者制度の一翼を担っているようでしたし、坪井さんも合併後2年半、市長の秘書をしていたそうですが、今は健康福祉部こども家庭課の参事として活躍しているようです。合併という大きな時代のうねりの中に飲み込まれ色々あるようですが、退職後自由人になっても臣下を目指している私の姿を見ていただくのが一番と、三人で束の間の積もる話をしました。二人は私の話を聞いていただき恐縮しています。

 ルッチ大学で、藤田女史から私に与えられた講演テーマは「地域改革の仕掛け人に学ぶ」でした。私のこれまでの地域づくりの取組について、また今後目指している方向について話し、また現代課題についてみんながどう向き合っていくべきか、全国各地を講演で回っている中で出会った事例を交えながら話して欲しいということでした。

 二日前わが家にやって来た孫が置き土産に置いて帰った風邪を映され少し熱っぽい感じがし、心配しましたが、どうにか勤めを終えることが出来ました。

 私は今日午前中と午後、それに夕方は大学の授業があるので、泊まることが出来ず、米原から新幹線に乗って広島へ出て一泊し、早朝広島から高速船で松山に渡り、飛行場の駐車場に止めていた車を取り戻し、今日の全てをキャンセルすることもなくつないだのです。

 本当はルッチ大学のみなさんともっとディスカッションがしたかったし、中川さんや坪井さんとも話がしたかったのです。加えて藤田さんとも交友を深めたかったと積んだスケジュールを組んだことを大いに反省しました。またいつの日か巡り合いたいものです。

  「遠い土地 思っていたに 近くなる 人のつながり 更に身近に」

  「後ろ髪 引かれる思い 残しつつ 新幹線で 夜道急ぎぬ」

  「スケジュール これほど込むと 疲れます 今しか出来ない 焦燥感じ」

  「合併の 愚痴を聞きつつ 日本中 旅して見える 自治とは何か」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。