shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年11月24日

○夕日を見に行こう

 今日の夕暮れ時、わが町のシンボルである本尊山が夕日に照らされて真赤な色になりました。本尊山の裾野には真赤なハゼもみじが今を盛りと紅葉していて、まさに絵になる光景でした。この本尊山を借景として暮らしているものですから、本尊山の姿によってその日や明日の天気まで占えるようになっているのです。

 私たちの地方には「秋の夕やけ鎌を研げ」などという諺がありますが、この分だと明日も晴れそうだと予感しました。一緒に外でドングリの分別をして遊んでいた孫が突然、「おじいちゃん、単車で夕日を見にシーサイド公園まで行こう」と唐突にいうのです。少し風邪気味の孫なので何が何でも単車ではと思い、乗用車に孫とデジカメを積んで出かけました。

 シーサイド公園は連休の中日とあってかなりの人がベンチや階段式護岸に座って夕日を見学していました。若いカップルは突堤辺りに陣取っているようで、私も孫と砂浜を走って突堤まで行きました。孫は最近シーサイド公園の砂浜で貝殻を拾って遊ぶのが好きなようで、夕日には目もくれず砂浜で貝殻を探しているようでした。


私はいいアングルを探して突堤の中ほどまでやって来ましたが、そこには若いカップルが既に何組も陣取っていて、一人者の私などお邪魔虫のような肩身の狭い感じがしました。それでもやっと場所を確保し一枚写真を撮りました。双海の夕日は今が一番西よりのコースに落ちるので長浜の港付近に落ちるようです。


 やがて空が真赤に焼けて「ああ秋の夕日だ」と思わせるような光景でした。何日か前にやって来た高知県須崎市の方々や岡山県真庭市の方々に見せてあげていような夕日夕やけでした。

 最後の締めはこの一枚です。残念ながらダルマの夕日にはなりませんでしたが、それでもいい夕日で、見学に来ていた隣で写真を撮っていた旅人とおぼしき人が、「いやあ日本一と聞いていましたが、名に恥じぬ夕日を見せてもらいました。心が洗われ」と私に相槌を求めてきました。夕日の仕掛け人である私と知らずに相槌を打ったのです。私は「そうですね。まさに日本一の夕日です」と答えました。

 孫が「おじいちゃんあっちを見てご覧、綺麗なお月様よ」というので、反対側の本尊山辺りを見れば、真ん丸い大きな十五夜のお月様が東の空にポッカリ浮かんでいるではありませんか。それまで夕日にしか向いていなかった観客も、孫の一言に反応して、美しい夕日を見たり月を見たりと右往左往していました。

 帰り際、孫が「おじいちゃん、お月様が追いかけてくる」というのです。そういえばお月様が家路へ急ぐ私たちを追いかけてくるようでした。

  「西空に 夕日眺めて 東空 満月出でて 二つ楽しむ」

  「おじいちゃん 月が僕たち 追っかける 上手い表現 座布団二枚」

  「綺麗だな 孫の指差す 出でし月 何とも不思議 コラボレーション」

  「旅人が ここの夕日は 日本一 褒めて嬉や 仕掛けた本人」


[ この記事をシェアする ]