shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年11月24日

○満5歳になりました②

 昨日、孫朋樹が満5歳の誕生日を迎えました。誕生してから今日までの5年間、初孫だった朋樹は私たち家族にとってまるで宝物のような存在でした。この5年間は私にとっても役場地域振興課長から教育長、市町の合併による退職、自由人の選択など目まぐるしい5年間でしたが、逆にその激動を忘れさせてくれるに充分な存在でした。熊本県島原への講演旅行に連れて行ったり、今年も先月島根県境港での講演に連れて行きゲゲゲの鬼太郎を見せ、先週は高知県へも連れて行きましたが、孫の存在は私たちの希望でもあるのです。

 昨日は長男夫婦が朋樹のために小さなバーズレィケーキを持ってお祝いに駆けつけてくれました。すっかり暗くなった6時半からわが家で、賑やかな食事が始まりました。勿論主役は誕生日を迎えた朋樹です。やがて食事が終り焼肉パーティの片づけが終わると、食卓にケーキが置かれ、ローソク5本に火が灯され明かりが消されました。みんなでハッピバーズデーの歌を歌って朋樹が一気にローソクを吹き消し、拍手が起こりました。

(朋樹君が主役の誕生パーティ)

(明かりが消された部屋でケーキのローソクが5本燃えています)

 見てください。幸せそうな朋樹の笑顔を・・・・・・・・。あいにく弟尚樹は眠っていたため参加できませんでしたが、長男の長男希心も小さいながら見学となりました。

(これが三人目の孫希心君と父親です)

(これが二人目の孫尚樹君と母親です)

(朋樹君が私のカメラを横取りし、2枚写真を撮ってくれました。いい感じです。ひょっとしたら私より腕は上かもしれません)
(朋樹君が撮ってくれたトボケた顔の私と妻です)

 孫の成長を祝いながら、私たち夫婦の幸せも噛みしめました。私が大病をしたのは今から7年前です。胆のうを摘出した結果13キロも痩せましたが、酒を断ったり健康に留意したりした結果、体重は減ったままですが何とか健康を維持しています。その間妻の体にも少し異変が起こり食事療法を試みたところ、コレストロールの数値も標準に下がって今は健康を取り戻しています。これからはまだ結婚していない二人の息子の将来も考えながら、とにかく健康第一に考えた暮しをしたいものです。孫の誕生日は私たちへのプレゼントのようだと思いました。

 今日は親父の白内障の手術後の検診日で、孫と3人で伊予市の病院へ出かけました。先生の話だと術後の経過も良好で、感染症にもかかっていないとのことでした。帰宅後孫と二人で軽四トラックにカブトムシの養殖用樽を積んで人間牧場へ出かけて行きました。先日人間牧場で開いた研修会に参加した方が、私の話を聞いてわざわざ職員組合研修会のあった伊予市民会館まで持ってきてくれたのです。孫は大そう喜んで、置き場所として人間牧場の倉庫を選んだのです。今日は久しぶりに寒さも和らぎ絶好の日和となりました。私は山蕗の畑がカズラやハズの根で覆われているため、その草刈りをしようと思い草刈機で作業を始めました。孫は最初一人で遊んでいたのですが寂しくなって私の元へやって来ました。草刈機作業は危ないので1時間ほどで止め、ストーブで焼き芋を作りました。孫の拾ってきた薪を燃やし、銀紙に包んだサツマイモを焼きました。30分もすればホックラとした焼き芋が出来上がり、孫と二人で汗をかきながら昼飯代わりに美味しい美味しいといいながら食べました。昨日までは4歳、今日から5歳、言うことなすこと僅か1日の違いなのにどこか逞しくなったような感じがするのはおじいちゃんの欲目でしょうか。

  「気が付けば 孫が三人 上五歳 年とるはずだ あれから五年か」

  「孫成長 私減速 仕方ない せめて元気で 成長見たい」

  「あき深し ストーブ中から 芋を出し フーフー言いつつ 孫と二人で」

  「美味しいね ハゼのもみじを 眺めつつ 黒くなりたる 口元笑い」