shin-1さんの日記

○満5歳になりました①

 昨晩から長女の家族が泊まりに来ていてわが家は何かと賑やかです。長女の旦那は大学に勤めていますが、最近は何かと出張が多く、その度に長女は子ども二人を連れて里帰りをするのです。次男は5月に生まれてから順調に成長しているようですが、昨日から少し風邪気味で鼻水とよだれでよだれかけは今日だけでも6枚は取り替えるなど、子育ても大変なようです。それでも長男は11月23日建国記念の日が誕生日で、日本国中が日の丸を掲げて祝ってくれるような錯覚にとらわれるお目出度い日に生まれているのです。その誕生日は娘婿の出張とかで既に家族では終わっているのですが、わが家でそのパーティをやろうという企画があって、長男夫婦も昼過ぎに生まれて2ヶ月余りの子どもを連れて帰って来ました。長女の次男と長男の長男、つまり二人の赤ちゃんがいるものですから、発の巣をつついたようにまあ賑やかだこと、想像を絶するような賑やかさです。

 私たち夫婦は二人とも休みだったこともあり、今日はこの二人に加え、今日で5歳になる長男のお守りに徹する事になりました。長女がいうように「自分たちが子どもの頃、お父さんに遊んでもらった記憶がない」というように、忙しさにかまけてまったく子育てに参加していない後ろめたさもあって、今は孫育てに深く関わっているのです。

 今朝は早朝ちょっとしたハプニングがありました。孫の朋樹が朝からぐずって中々いう事を聞かないものですから押入れに入れました。孫は何よりも押入れが怖いようで、「言う事を聞くから」と詫びましたが、その後遺症で誕生日だというのに朝からギクシャクしてしまいました。少し機嫌が直ったので誕生日のプレゼントを買いに行くことになったのですが、叱られたことが悪いと思ったのか、えらい機嫌のとりようで、すっかり仲直りをしました。

 孫は誕生日に当たり買ってもらいたいプレゼントを決めていて、フジの本屋さんにはそのお目当てがなく、はる屋という本屋へ出かけました。孫が欲しがっているのは虫の図鑑だそうで、探すのに一苦労しましたが、800円前後のカード式になっている図鑑です。中には100種類以上の虫たちのアップの写真が載っており、大人の私たちが考えれば「えっ、なんでこんな本なの?」と思うのですが、おもちゃでも恐竜でもパソコンでもない「虫の図鑑」とはいやはや驚きました。

 孫は早速帰りの車の中でこの図鑑を開けて盛んに読みふけっているのです。ポケモンとかいうマンガのお陰でカタカナも読めるようになって、たどたどしい日本語で虫の名前を読んでいました。

 今日は孫の誕生日といいながら大人の都合で焼肉です。私はその献立が余り好きではないので、朝から憂うつでしたが、妻は私のためにちゃんと魚料理を用意してくれました。

 今日5歳になる孫は只今9つのポケットを持っています。両親、私たち夫婦、大阪のおばあちゃん、長男夫婦、それにまだ結婚していない私の子ども二人を会せると9人になるのです。これまで物心付いてから今日まで約3年間その9つのポケットは正月や誕生日などに全て満タンになるほど独り占めしてきたのです。来年から弟の誕生や息子の息子の誕生によってポケットの独り占めはできなくなりましたが、それでも今日ばかりは鼻高々の一日でした。

  「九つの ポケットいっぱい 詰め込んで 一人占めする 孫誕生日」

  「虫図鑑 買って欲しいと 梯子する 本屋の棚に それを見つけし」

  「カタカナを たどたどしくも 読めるよに なって図鑑の 虫の名前が」

  「叱られて 押入れ入れられ 大声で 助けを求め 昔の俺も」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。