shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年11月19日

○伊予市の職員組合に招かれて

 今晩は伊予市の職員組合に招かれて小さなシンポジウムに行きました。えひめ地域づくり研究センターへ伊予市役所から出向している松本研究員によって働きかけられ実現したものですが、それにしても面白い顔ぶれが揃いました。伊方町の塩崎さんと西条市の近藤さんは、私と3人でえひめ地域づくり研究会議の代表運営委員であるし、コーディネーターを務める岡崎さんは事務局長なのです。この4人が同じステージに上がるのは後にも先にも初めてとあって、面白い企画だと、この話を持ちかけられた時内心思いました。まちづくりといっても4人ははそれぞれ違った生い立ちを持っていますし、現在の置かれている立場も全然違うので、4人4様それぞれ違った主張があるものと私自身も期待しました。

 今日の集まりはインターネットで流したこともあって、大洲など違う市町村からも勉強に来ていましたし、職員雲組合から市会議員にも案内をしていたらしく熱心な議員さんが4~5名くらい参加してもらっていて、私としては大歓迎なのです。しかし案内した課長以上の管理職は誰一人として参加していないようで、少し物足りなさを感じましたが、それも愛嬌で上滑りな感じは否めませんが、それでも限界集落やオンリーワンのまちづくりについて質問用紙が寄せられるなど、少し突っ込んだ意見が交わされました。

 みんなが強調したかったことは、合併によって末端では様々なひずみが起こっている事に職員としてもっと直視し耳を傾けて欲しいということでした。その上で行政をやらねば信頼される行政にはならないからです。

 「今求められる自治体職員とは」、~まちづくりの視点で語り合おう~、地域住民の繁栄なくして、自治体職員の真の幸福はない、と書かれたこの日の資料がキーワードなのでしょうが、私はふと今年の8月末に職員研修で訪れた東広島市でのことを思い出しました。今朝その時の資料が出てきたものですからカバンの中に入れて今晩の研修会に望みました、そして時間がないので棒読みのような形になりましたが、みんなに紹介しました。

    市役所職員に望むこと

 1、市役所職員である前に一人の人間であること

 2、市役所職員である前に一人の市民であること

 3、市長に雇われているのではなく市民に雇われているということ

 4、市役所の常識は社会の非常識が多いこと

 5、あなたの代わりは幾らでもいるということ(やらにことをやれないというな)

 6、ふるさとを愛し、ふるさとのためにやり、ふるさとをよりよい方向に導くということ

 7、市民の輪の中に入り市民の声に耳を傾けること

 8、あなたにしか出来ない事をやること

 9、今をテーマにせず10年先を見るということ

 10、オンリーワンの日本一を目指すこと

 それにしても職員組合がまちづくりの視点を持ってくれただけでも大きな前進です。伊予市の同じ市民といいながら合併後間もないこともあって、半分以上の職員の顔を知らない私にとって、まちづくりの提案は余りにも多過ぎて、多分言っても消化できないだろうと思っていましたが、こうして話画でいただけでも大きな前進です。これからも共通の認識の上に立っていいまちづくりをしたいと思いました。

 私は愛媛大学法文学部総合政策学科のフィールドワークで、今年は今治市、伊予市、西予市の3市にお邪魔しましたが、住みたいまちづくりと訪ねたいまちづくりという2つの視点で学生たちが伊予市に下した評点や、今治市と西予市のまちづくりの取り組みを聞きながら、やはりいいまちづくりのキーワードは職員の資質だと思ったものです。既に始まっている合併後のまちづくりの胎動が少し遅れていたりレベルが低かったり感じていることを、積極的に介入した方がいいのかどうか、迷っているこの頃です。

  「世の中も 変わったものよ 組合が まちづくりなど 語るのですから」

  「議員来て 課長一人も 来ないとは これまた不思議 困ったものよ」

  「この街を 発展させたい 一心で 乗り込み話す 煙たがられて」

  「有難う 友遠方より 加勢しに 来てくれ嬉し 意見交わしぬ」