shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年11月6日

○「俺の夢はなあ・・・」

 昨日は高知県で旧友の課長さんに会いました。旧友といってもそんなに長く付き合っている訳ではありませんが、どこか気が合い、どこか懐かしく感じる人間味溢れる課長さんなのです。

 私「課長さんは幾つになりましたか」

 彼「はい58歳になりました。定年まで後二年ほどです」

 私「ほう、もう二年ですか。ところで課長さんは役場を辞めてからの夢はお持ちですか」

 彼「はい私は障害を持った娘がいまして、その子ども夢は日本中を旅をする夢を持っています。桜前線を追っ

   かけて、南から北へ旅をしようと思っています。子どもの夢が私の夢なのです」

 私「ほう、それは凄い夢ですね」

 彼「世の中には娘が嫁に行って寂しいという親がいますが、私は娘と一緒に暮らせて幸せもので、娘に感謝し 

   なければなりません」

 私「・・・・・・・・・・・・」

 彼「娘が子どものままでいてくれて、私は毎日が楽しいです」

 私「いいですね。私も子どもが四人いますが、みんな成長して巣立って行きました。親は寂しいものです」

 彼「私の方が幸せかもしれませんね」

 私「はいその通りです。

 彼「一度娘に会ってやって下さい」

 私「是非一度会いたいものです」


 先程の酒宴交流会の余韻覚めやらぬ彼と私は、同席した仲間たちと別れ、飲み屋の暖簾をくぐって小雨の降る道をそんな会話を交わしながらゆっくりとホテルまでの道を歩きました。さっき車の中で彼が私の夢を聞いたものですから、その気になって話した矢先だけに、朴訥と語る彼の話にはとても重みがあり、頭を殴られるような衝撃でありながら、どこかほのぼのとして彼らしい夢だと感心したのです。彼の話を聞きながら昨日ブログに書いたオードリー・ヘップパーンの話を思い出したのです。「目も耳も口も手も両足も相手のためにある」というヘップパーンの言葉そのものなのです。こんな身近な所にこんな素晴らしい考え方を持って生きてる人がいる、いかもその人は私の友達なのです。人の前で偉そうな事を知ったかぶりで話す自分が急に恥かしくなりました。

 その夜はホテルのベットにもぐりこんでも課長さんとの会話が頭の中を走り中々寝付かれませんでした。「私はまだまだ修行が足りない」と思いました。

 ホテルの朝食を済ませた頃を見計って、その課長さんはホテルまで見送りにやって来ました。見送った後道の駅の近くの路上に立って通学の学生を見守るのだそうです。ウーン、参ったなあ。帰路車のバックミラーに立ち番をする課長さんの姿が残像となっていつまでも残っていました。

  「夢は何 尋ねた友の 返事から 親の愛情 深く感じて」

  「俺などは まだまだ修行が 足りぬなと 眠れる旅の 一夜を過ごす」

  「お早うと 昨日の酒の 抜けた人 まったく別人 そんな顔して」

  「旅先で あの人知ってる 話題出る 世の中狭い そんな気がする」  

  

 

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. 和田

    SECRET: 0
    PASS:
    ですね。西森の話題のブログ見てたら、別課長の話に感動しました。マツタケのお陰、否進ちゃんのお陰(笑)でいい話を伺いました。一度お会いしたくなりますね。土曜日には開いたマツタケを持参しますので、匂いだけ堪能して下さいね。
     寒さに向かいます。体には気つけて。
     最近元気が無いんですが、今朝、進ちゃんの声聞けたから、今日は元気でいれそうです。
     追伸
     西森に電話入れました。進ちゃんに講演頼むなら、俺を通したら、1割引きですなんて、言ったら。でも、あいつは和田を通せば高くつくと仰りました。流石分かってらっしゃる。

コメントは停止中です。