shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年5月16日

○玄米食

 最近テレビの世界でよく目にする人に「みのもんた」さんがいます。昼の「おもいっきりテレビ」は今ではすっかりお茶の間のおば様族の人気で、「おもいっきり効果」なんて流行語も飛び出すほどです。人を食った機を見て敏な語り口は、何か好感の持てる人で、アナウンサー出身とは思えないようです。何せ私の妻も毎日昼ご飯を食べながら見ているので私も見なければなりません。我が家ではテレビチャンネルの主導権は完全に妻握られているのですから・・・・・。

 それにしてもよくもまあ毎日こんなに話題があるものよと思うほど、これでもかと言わんばかりに「健康」をテーマに、食についてコメンターやゲスト、それにおば様族を巻き込んで面白おかしく薀蓄を語るのです。その結果、例えば「痩せたい」と思うテーマだと「痩せたい」と常日頃思っている人の心をつかみ、痩せる方法と食べ物を紹介します。実際にはそんなものだけで痩せるはずはないのですが、紹介した食品がスーパーからその日のうちに消える珍現象が起こるのです。当然他のテレビ局でもこのみのもんた効果にあやかろうと、時間帯をずらして番組を組んできますから、同じような番組がいっぱい朝から晩まで放送されているのです。

 私の病気のことや自分の忍び寄る更年期のこともあって、妻もこれらの番組をくまなく見ていると思われ、最近ではノートを一冊「健康メモ」として書き込んでいます。お陰さまで毎日新しいメニューが追加され、「今日は変わった料理だ」と言えば、「実はこれを食べると成人病が・・・」と博学ぶり、「誰に聞いた」、「みのもんたのテレビで」という始末です。

 3日前からわが家の台所の隅に新しい炊飯ジャーがお目見えしました。妻の玄米食への挑戦が始まったのです。例によって「玄米食は肝臓によい」「あなたの体を思って」などと御託を並べ、ついにわが家は玄米食となりました。玄米は白米より栄養価が高いといわれていますが、でも白米になれた私たちの舌感覚ではまずいものの代表選手のようなもので、喰えたものではありません。私はそれ程抵抗はないのですが、息子は「これ何」と吐き出すような仕草をしました。「何言ってるの、これが噂の玄米食のパワーの秘密なの」。アーここまで来ると「みのもんた教祖」お教え通りです。

 玄米食は体によいから私も少し続けてみようと思っています。ブルガリアヨーグルトを一さじ入れて炊くのがコツとか、今朝も台所から玄米を炊く独特の匂いが家に広がり始めました。もし玄米食で長生きできたら妻とみのもんたさんに感謝状を差し上げます。あんたたち二人は偉いで賞。

  「玄米が 体によいと テレビ言う 妻は早速 ジャーまで買って」

  「玄米の ご飯を食べて 思い出す 戦後の粟飯 俺も古いな」

  「玄米の 飯の効果か ガスが出て 妻はどこかで 我慢の屁こき」

  「玄米で 健康なれば 食感は 何とでもなる 昭和生まれだ」

[ この記事をシェアする ]