shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年5月13日

○21世紀えひめニューフロンティアグループの愉快な仲間たち

 私が代表を務める「21世紀えひめニューフロンティアグループ」の会合が今晩7時から事務局長の大野哲治さん宅でありました。3日前に通知が届いて急な例会にもかかわらず殆ど全員が顔を揃え、楽しい語らいの場となりました。何せ南は愛南町から東は今治まで、中には中島という離島の人まで広範な地域に住んでいる会員なので、集まると言っても容易なことではありません。

 私が再び代表になって始めての会合でしたが、みんな個々力集まってくれました。

 今日の議題は四つありました。まず第一は人間牧場へツリーハウスを造ることの承認です。今年の新春に皆さんにお話をしているので異論もなく約50万円の出費が承認されました。私たちのボランティアグループも結成以来25年近くになりましたが、小さいながらも木の上に家を建てる奇抜なアイディアは初めてとあって関心も高く日浅さんが棟梁となって既に木組みも出来て、大安吉日で日がよいことから明日はいよいよ建前をするようです。心配された天気も雨かと思いきや一転して好天に恵まれるとのこと、幸先がよいようです。

第2は逆手塾への参加と協力です。これも6月10日と11日の両日人間牧場で行われる予定になっていて既に準備をしています。フロンティアグループはその塾の運営にスタッフとして協力することです。食事や寝床の世話と何かと大変なようですが、これも全面協力という形で決まりました。

第3には海外旅行の件です。フロンティアグループでは最初、アラスカへ丸木舟を造ったアラスカ産モミの木の切り株に会いに行くツアーを計画していましたが、日程的にそれ程余裕もなく結果的には8月25日・26日・27日の3日間韓国へ行く事に決まりました。会員の佐賀山さんが韓国語を習っていることもあって韓国行きを決めたのです。全員で行こうとアラスカとは少し違っていますが決意も新たに決定しました。

第4はフロンティア塾の再開です。40回が終了して充電期間が過ぎたので、今年はとりあえず学びの復活をすることで意見の一致を見ました。

 久しぶりにフロンティアグループの会員に会って思い出が蘇るやら多いに盛り上がりました。普通だと終わってからいっぱいやるのですが、明日はツリーハウスの建前も控えているので2時間足らずで散会となりました。お茶と国元さんが差し入れた醤油餅、それに大野さんが用意してくれたコーヒーやお茶で話が終わりましたが、昔はよく酒を飲んだ仲間も、昔のような元気は中々見ることはできませっが、口だけは達者でした。この分だと今年もいいグループの活動が出来そうでホッとしました。

  「集まれと 急な召集 かかわらず 殆どみんなが 集い議論す」

  「あの顔も この顔さえも 一昔 若い時代が あったのですから」

  「団塊の 世代殆ど 俺も歳 言う人横目に 俺は今から」

  「アラスカが 韓国行きの 計画に 何故か変更 それでも嬉し」


  

[ この記事をシェアする ]