shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年5月5日

○私の似顔絵の名刺が好評です

 私は長年慣れ親しんだ役場の名刺台紙を昨年の夏から使わなくなりました。使わなくなったというよりは役場に関係のない人間が役場の名刺台紙を使うのは気が引けたし、役場へ電話して台紙はと注文しても色よい返事が返ってこなかったからです。そこで思い切ってわたなべえつこさんに書いてもらった似顔絵色紙を利用することになったのです。最初は退職した私にとって名刺など必要かどうかも考えました。私には金融広報委員会のアドバイザーや、えひめ地域づくり研究会議代表運営委員などの名刺を作っていますが、使う場所が限られており、この図案を思いついたのです。最初えひめ地域政策研究センター研究員の清水さんの紹介で500枚を刷りましたが、あっという間に売切れてしまいました。

 妻曰く、「お父さん名刺もタダじゃあないのですからもっと大切に使ったら」のアドバイスを聞き入れてましたが、時既に遅しで全部なくなりました。そこで今度は少しいらって1,000枚印刷しました。原価計算してみると何と何と一枚21円もかかるそうで、これは大切に使わなければならないと、妻の忠告を肝に銘じました。何気なく差し出す名刺、何気なく頂く名刺、原価計算などしたこともなく使っていた名刺もこれからは有料にしてはどうかと思うのです。ちなみに一枚50円いただくと、1,000枚で5万円で29,000円の儲けとなります。多分日本全国何処へ行っても名刺を販売している人など見たことも聞いたこともないので、これは新しい商売になるかも知れません。「日本初・名刺を売る男」ってな具合です。ただしこの商売、名刺を刈ってくれる人がいることが儲けの条件ですから、そんな人を探したいものです。ちなみにこの収益金は人間牧場の運営資金に当てるというアイディアも使ってみたいですね。

 それにしてもこの似顔絵凄く特徴をつかんでいますよね。今日一ヶ月ぶりに散髪に行き男前を上げてきましたが、散髪屋の鏡に映った姿を見て、わたなべえつこさんはよく私の特徴を捉えているなあと感心しました。似顔絵を書く人に聞いた話ですが、人の特徴はその場でのインスピレーションで決まるのだそうです。私の場合もそんなひらめきから夕日をバックに書いたのかも知れませんね。

  「肩書きは 人間牧場 主と書く 名刺人気で 底をついたよ」

  「選挙にも 出ぬに名刺が 売れてます えー有料名刺 如何でしょうか」

  「似顔より 本物落ちる 男前 誰が言ったの 本気で怒るぞ」

  「俺の顔 絵になる人と 褒めました 座布団一枚 差し上げましょう」

 

[ この記事をシェアする ]