shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月30日

○私の似顔絵

 私はこれまで3枚の似顔絵を書いてもらいました。一枚は似顔絵ロボットです。昔工業技術センターに行った折、勧められるままにロボットの前に座ると、何とロボットが似顔絵を書いてくれるのです。人間はその人の顔の特徴を誇張して書くのですが、この似顔絵がまた忠実で、ひょっとしたら私を一番正確に書いてくれた似顔絵かも知れません。残念ながらその似顔絵は何処かにしまい忘れてしまいましたが、黒い筆ペンで書いたお気に入りの一枚でした。

 続いて書いてもらったのが山口県岩国市へ講演でお邪魔したとき、色紙に漫画チックに書いてもらいました。これはどちらかというと笑点という落語番組で、冒頭に出演者を紹介するテロップで流れるような似顔絵です。これは相当気に入って今でも大切にしています。教育長に就任した頃インターネットのホームページで使って好評を得ておりましたが、今は退役して書棚の隅でひっそりと過ごしています。しかしいずれはブログの画面に登場させたいと密かに思っています。

 三つ目は似顔書きの名人長浜町の西田さんが書いてくれたものです。彼はカメラを持ってひょいと私の前に現れ、二・三枚写真を撮って帰って数日後、木の板に私の似顔絵を書いて持ってきてくれました。これが実に私の特徴をよくとらえていて、歯並びや眉まで誇張するものですから、当の私も思わず吹き出してしまいました。気恥ずかしい面もありますが、折角書いてもらった似顔絵ですからと、海舟館に飾って来館者に見てもらっていますが、思わず笑いがこぼれます。

 人間は同じような背丈をして同じように暮らしていても、顔や体の姿形から滲み出る自分らしさは人と何処か違うものです。時にはそれが嫌で、スターなどと自分の違いを感じ生み育ててくれた親を恨んだ利するものです。しこし人間全てが足が長く顔が整っていたらどんな世の中になるでしょう。荘です。みんな違う顔形だからいいのです。ロボットを含めて3人の人が書く表情さえ違うのですから、蓼食う虫も好き好きです。もっと自分の顔に自信を持って生きたいものです。

 そういう私も自称ラジオ向きの顔だと講演会などで自慢しております。渥美清だってあの顔で国民栄誉賞を貰ったのですから、私だってこの顔に自信を持たなくては、天国にいる母に済まないと思います。顔やスタイルを鏡に映して不細工と嘆く世の諸君、自分の顔に大いに自信を持とうじゃないか。

 済みません。いや済みました。

[ この記事をシェアする ]