shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月15日

○日本は広い

 鳥取県米子市で開かれている「全国生涯学習フェスティバル」に行って来ました。インタビューダイアローグ「地域の宝再発見」という聞きなれない集会のパネラーとして登壇しました。要はパネラーと参加者がインタビュー形式で議論することなのですが、とてこ面白く充実した集会となりました。会が始まって間もなく米子市文化ホール・メインホールのマイクが故障するというハプニングに、みんな大慌てでした。あの広いホールのステージで、地声で参加者に話さなければならないのでボディランゲージもいいとこで、散々苦労しました。でもそのことがかえって参加者をひきつけ盛り上がりました。

 得意の落語でまちをPRする大分県佐伯市の矢野大和さんに20数年ぶりに会いました。すっかり有名人になって、私との掛け合いは爆笑の渦でした。

 ここでも人間牧場の話に花が咲き、いよいよ後戻りできないところへ追いやられてゆくのを感じています。鳥取や島根には講演活動で知り合った知人友人も多く、会場には何とたくさんの私の追っかけが来ておりびっくりしました。もんな人間牧場へ来ることを夢見ておるようで、もし訪れたなら私の巧みな話術?と現実の落差にきっと驚くことでしょうが、これも仕方のないことです。早く次の作戦に進まなければと決意を新たにしました。

 それにしても今はデジタルの時代ですね。私は始めて人間牧場のことを鳥取県で話すのに、心ある人はみんな人間牧場のことを知っているのには驚きました。ブログもそのひとつで、意外とと多くの人が見ているようです。私はこうして記事を書き込むだけで、ブログでの交流はまだ進んでいいません。早く一人前になりたいのですが、こう忙しくてはそれも中々思うにまかせません。

 でも、たった一日しかブログを空き家にしなかったのに、旅先でも旅の途中でも気になって仕方がありませんでした。いよいよブログ人間の誕生ですね。

 「弁当を忘れても傘を忘れるな」という山陰の言葉どおり米子は秋雨でした。でも雨の山陰も何処となく素敵な雰囲気でしたが、帰る途中前輪左のタイヤがパンクして大変な目にあいました。深夜ながら運良くガソリンスタンドの前だったため何とかタイヤ交換をして帰りましたが、一万円の思わぬ出費です。

 旅に金をかけない方針に従って、しまなみ街道経由で一般国道を走りましたが、一時間余り余分にかかっただけで到着し、再び元の道を帰りました。何年ぶりに通った国道沿線は合併によってすっかり様変わりし、「えっこんな町あったかな」と錯覚するほどでした。カーナビに助けられて走りましたが、カーナビの情報がかえって新鮮ですね。

 今は少し寝不足の感じでパソコンに向かっています。仮眠をとって松山の集会に参加します。はい今日も講演会です。慌てない慌てない。

[ この記事をシェアする ]