人間牧場

投稿者: | 2021年9月25日

〇入院していた耕運機が退院しました

 わが家には2台の耕運機があり、1台のマメトラは軽いことから軽四トラックの荷台に積んで人間牧場などへ持ち運び使っていますが、家庭菜園で頻繁に使っている耕運機は少しグレードの高いもので、いずれも私のよき相棒です。グレードの高い方の耕運機は親父が存命中、確か25万円程度のお金を親父が出して買ったものの、親父は高齢のため一度も使わずもっぱら私が親父の指示を受けて耕していました。親父が亡くなってからは私が引き継ぎ使っています。

 

退院して帰った耕運機

回転刃も新品に

 この耕運機は優れもので、購入以来ガソリンを注入する以外は何のメンテナンスをした記憶もないのに、一度も故障せずエンジンも快調で黙々と私の手足となって働いてくれました。ところがつい最近中耕の深度が少し浅くなったような気がするので、土が跳ねるのを押さえるカバーを上げて回転刃を見ると、刃の殆どが土との摩耗ですり減り細くなっていることに気がつきました。早速購入先の農機具屋さんに電話をすると、女性の定員さんが顧客リストに載っていると思われる私の名前と購入した機種を呼び出し、部品もあるので修理ができるとのことで、修理の依頼をしました。

 こんな重い耕運機を軽四トラックにどのようにして積もうか一瞬迷いましたが、そこは百戦錬磨の私ゆえ、脚立の上に分厚い板を敷き、難なく積み込んで農機具屋さんに持ち込みました。運用購入当時世話になった社長さんがいて、おおよそ1週間、おおよそ2万円程度の口見積もりをしてもらいました。数日後社長さんから電話が入り「回転軸にオイル漏れが見つかり、治すには1万円くらい余分にかかりますがどうしますか?」と相談があり修理代が3万円程度にはねあがりましたが、追加修理をしてもらうことにしました。

 一昨日農機具屋さんから「修理が終わったので祭日と日曜日以外であればいつでも取りに来てください」言われ、昨日妻が運転、体調今一の私が助手席に座り引き取りに行きました。諸々社長さんから修理の経緯や今後のメンテナンスについて説明を受け持ち帰りました。私の体調のこともあるので荷台に積んだまま一夜を明かし、今朝にでも息子の手助けを得て車から降ろし倉庫にしまいたいと思っています。回転刃も全て新品に交換され、元気な姿で入院先の農機具店から無事退院いたしました。さあしっかり働いてください。

「耕運機 よき相棒と なりにけり メンテもせずに 故障もせずに」

「よく見れば 回転する刃 10年で 痩せてしまって 中耕浅く」

「耕運機 軽四荷台 積み込んで 農機具店で 点検修理」

「また出費 年金暮らし 直撃す 赤字財政 お国と同じ」

 

 

 

[ この記事をシェアする ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください