人間牧場

〇梅雨が明けました

 島影浮かぶ鏡のように凪いだ瀬戸内海の、水平線の上に真っ白で大きな入道雲がモクモクと湧き、昨日は気象庁から待ちに待った梅雨明けが発表されました。2~3日前かなり激しく雷が鳴っていたのでもしやと思っていましたが、予想通り10日早く梅雨入りした分、10日早く梅雨明けしたようです。昨日の日本列島は35度以上の猛暑が各地で観測され、38度を越えた場所もあったようで、梅雨明けは歓迎するものの猛暑には先が思いやられるようで、夏の暑さにまだ慣れてないひ弱い現代日本人は、これまた各地で熱中症になり、救急車で病院へ運ばれる人が相次いだと、テレビのニュースで報じていました。

 昨日は風邪も収まり体調が回復したのをいいことに、人間牧場へ行ってサツマイモ畑の周りに、宮栄公民館長さんの手によって張り巡らされた、イノシシ撃退用電気柵の電線の下の草刈りを行ないました。教えてもらった通り電気のスイッチを切り、電線の下を草刈機でなぞるように草を刈りましたが、草刈機の刃で電線を切らないようするのも中々一苦労です。
 今年はビワが大豊作で、人間牧場のスモモもカラスの空中戦の餌食にならずに済んだので、早生系スモモは沢山収穫することができました。今は中手系の太くて甘いものを収穫していますが、晩生系もそろそろ熟し始め、スモモの好きな妻を大いに喜ばせていて、食後の果物はこの20日ほどスモモを冷やして食べています。

 今年は3本植えたプラム系の木に初めて実がついたようです。どんな味なのか分りませんが、剪定もせず伸び放題の木なので、実は決して大きくないものの、かなりの数なので今から楽しみです。蜂の巣の働き蜂も順調に活動しているし、ブルーベリーも沢山実をつけてそろそろ熟れ始めているようです。
 帰宅後妻が友人から貰った大ネギと小ネギの種、それにキウリのタネを畝を立てて蒔きました。梅雨明けの猛暑も予想せずに、麦藁帽子を被って作業をしたため大汗をかき、「まだ病み上がりだのに無茶をしないで」と叱られてしまいましたが、汗をかいた身体に妻の入れてくれた冷たい麦茶は最高で、いい汗をかきました。先日の雷が落雷したのか井戸のポンプの安全スイッチが降りて、井戸水が出なくなったと親父が心配していたのも、私の手で復旧し親父を喜ばせました。暑い夏がやって来ました。熱中症にならぬよう注意し、この夏を元気に乗り切りたいと思っています。

  「待っていた 梅雨明けだけど 猛暑には これから先も 思いやられる」

  「ビワ食べて 見向きもしない お陰にて スモモは今年 豊作でした」

  「農作業 大汗かいた 後で飲む 冷えた麦茶は これまた最高」

  「体調が 少しよくなり 農作業 妻に叱られ まるで子どもだ」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。