人間牧場

〇ふたみのこども什の約束

 双海町こども教室実行委員会主催のふるさと体験塾が、今年もいよいよ始まりました。こうした事業は長年やっていると、得てしてマンネリ化に陥りやすく、募集をしても参加者が集まりにくい難点がありますが、募集をかけたところ今年も41人の申し込みがありました。長年実行委員長を務める私は、ある意味社会教育の半プロですから、理想を求めて色々なアイディアを出しながら、共催と事務局を担当している公民館の職員さんと、毎年色々な仕掛けをやっています。
 そのひとつが「ふたみのこども什の約束」です。私が双海町の教育長をしていた頃学校と協力して作った、「ふたみの子育て10の約束」は今でも使っている子育ての戒めなので、そのこども版を作り、みんなで守ろうという話になりました。時あたかも今年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で、会津の「什の掟」が話題になり、それも参考にしながら、発足したジュニアリーダ会にも意見を聞いて、みんなで考えました。

ラミネート加工して配布されたふたみのこども什の約束

ラミネート加工して配布されたふたみのこども什の約束

 実行委員会には町内小学校3校の教頭先生や、新たに由並の幸先生も加わってもらっているので、原案を基に叩いてもらい、このほど「ふたみのこども什の約束」が出来上がり、昨日こどもたちを連れて来た父兄にラミネート加工をして配り、お披露目となりました。
 そして昨日人間牧場で開かれた開講式でも、こどもたちに初披露となり、私がこのことについてショートなレクチャーを30分ばかり行ないました。今年の子ども体験塾は低学年のこどもが多いため、一気に什の約束を全て説明しても頭に入りにくいので、差し当たり昨日は1、命を大切にしようと、2、笑顔であいさつをしようの二つを説明してやりました。約束の説明文に書いている「いのちはひとつしかかりません。じぶんのいのちはもちろん、友だちやどうぶつ、しょくぶつのいのちもたいせつにしょう」とか、「『おはようございます』『こんにちは』など大きなこえでだれにでもあいさつしましょう」とかを中心に話し、最後はみんなで大きな声で復唱しました。全員のとても大きな声が初夏の山々や谷間にこだましていました。

 

 

 さて「ふたみのこども什の約束」は次のとおりです。
 一、いのちをたいせつにしよう
 二、えがおであいさつをしよう
 三、きまりをまもろう
 四、いじめはしません
 五、うそをついてはいけません
 六、かぞくをたいせつにしよう
 七、はやねはやおきをしよう
 八、しっかりごはんをたべよう
 九、せいりせいとんをしよう
 十、たくさんほんをよもう

  「ふたみの子 什の約束 守ろうと 大きな声で 暗唱唱和」

  「印刷を してラミネート 加工した 什の約束 父兄に配る」

  「子どもには 子どもの守る ことがある ジュニアリーダー 智恵働かせ」

  「体験が 大事とばかり 昨年に 続き今年も 塾を開講」

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。