人間牧場

〇広島県公民館大会の記念講演(その1)

 今日は広島県福山市で開かれる公民館大会の記念講演を頼まれているので、間もなく朝5時にわが家を出発し、しまなみ海道を渡って広島県へ向かいます。講演は午前中なので少し早い旅立ちですが、その分早く帰れるので、帰りはのんびりゆっくりしまなみ海道を帰ろうと思っています。さてまだ外は暗いので天気が気になりますが、車の洗車も終わって綺麗になっているので、携帯電話、腕時計、名刺入れ、木になるカバン、電光掲示板に加え、二宮金次郎のブロンズ像も持って、忘れ物のないようこれから出かけます。帰りは夕方です。お急ぎの方は携帯電話へお願いします。ただし運転中は出ませんので留守電をよろしくお願いします。

 こうブログに6行の文章を書いて家を5時過ぎに出ました。外はまだ暗く、街中の信号も黄色の点滅信号が殆んどで、注意しながら少しだけスピードを上げて国道196号を松山~北条~菊間~大西と進み、今治北インターからしまなみ海道を走りました。
 自宅を出る時既に小雨が降り出していましたが、しまなみ海道や国道2号線はまだ雨は降っていませんでした。尾道と福山の境界辺り②車線道路部分では早くもイライラしそうな朝のラッシュが始まっていて、巻き込まれましたが、家を早く出たので目的地近くまで随分早く着くことができました。

朝のしまなみ海道来島大橋

見事に咲いた真っ赤なバラ

 今回の旅のプラスワンは、福山のシンボルであるバラの見学をすることに決めていました。福山へはもう何度も講演に来ているのに、まだ一度もバラの咲いている姿を見たことがないのです。バラは春先のバラも美しいのですが、この次期のバラも趣きがあって美しいとある人から聞いていたので、何としても百万本のバラ運動のシンボルと思われる、バラ公園と緑地公園のバラを見たかったのです。緑地公園に車を止め、朝の散歩のつもりでそこここのバラを見ましたが、綺麗なバラにすっかり目と心を奪われ、香しいバラの匂いの漂う中、至福のひと時を過ごさせてもらいました。

白バラも美しい

 

黄色いバラも綺麗でした

 そろそろ、駐車場での待ち合わせの時間が来たと、9時25分にカーナビに電話番号でセットした、ふくやま芸術文化ホールリーデンローズへ到着するように向かいました。駐車場の入り口に、電話で打ち合わせした、それらしき人も見えず、とりあえずガードマンに訳を言って、主催者が入る駐車場へ入りましたが、長蛇の列ができていたものの、どうも公民館関係者ではないようなので、ホールリーデンローズに電話を入れて確認しましたが、公民館大会等知らないと言われました。さあそれからが大変です。私の講演時間は10時30分スタートなので、まだ間に合う時間ながら、私への講演依頼文書に書いている会場が違うとなると何処なのか、相手の携帯も私の携帯もお互い知らないので、大慌てとなりました。

  「久方に しまなみ海道 十の橋 渡り福山 講演旅行」

  「指折りを 数え福山 来た回数 数えてみるが バラは一度も」

  「気品ある バラの姿に 魅せられて 朝の散歩を 一人楽しむ」

  「会場に 行ったけれども 間違って 右往左往の 一日でした」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。