人間牧場

○体健と車検

 昨日は私にとって大切な二つの検査に出かけました。一つは「体健」とでもいうべき2月に1回行なっている健康診断、もう一つは3年ぶり(次から2年毎)に行う自家用車の「車検」です。
 体健は前回の健康診断で予約日が決まっているので、健康診断の日が近づくと自分の体のことゆえ余り無理をしないようにしたり、体にいいものを食べようと心がけたりするものなのでしょうが、私の場合に限っては今回もそうであったように、前日高知県四万十市の招きで出かけた文化講演会や、それにまつわる仲間との居酒屋交流会があって、帰宅が午前0時を過ぎるような無茶をしたので多少寝不足気味でした。加えてこのところの暑さの中での草刈り作業も重労働で、さぞや診断項目の数値は高めだろうと思いきや、全ての数値が基準値内で内心ホッとしました。
 県立中央病院のロビーでは出会う顔見知りの人も沢山いて、出合う度にお互いが病気のことを話したり、近況を語り合いましたが、病院のロビーなので「元気ですか?」という言葉より、「何処か悪いの?」という言葉の方が似合っていて、「病院のロビーで元気ですかもないもんだ」と時々苦笑いすることだってあるのです。

 「体健」の結果が良かったことに気をよくして、次は「車検」に望みました。3年前に買った車の始めての車検なのです。私の乗っている車はトヨタカローラ・アクシオという大衆車で、今ではすっかり自分の手足として西に東に大活躍をしてくれています。昨年の12月、出張先の鳥取県伯耆大山町の高速道路で、時ならぬ大雪に見舞われスリップ事故を起こし、大修理を余儀なくされたものの、それ以外はこれといった故障もなく、この3年間快調に走ってくれていますが、新車を買ったディーラーから再三車検へのお誘いがあったため、車検はこの店で行なうべく8月10日13時からと予約していました。
 普通車検といえば2日くらい車を預けて代車を借りるものとばかり思っていましたが、3年目の車検なので僅か2時間の待ち時間で終ると聞いてビックリしました。車のメンテナンス等の見積もり提示を了承し、磨り減ったタイヤも交換する約束をして、2時間の待ち時間をディーラーの近くにある、息子嫁の実家が経営している珈人という喫茶店でカレーを食べたりお茶を飲みながら過ごしました。

 やがて午後3時過ぎ、ピカピカに磨かれた新車と見まがうほど美しくなった車と面会し、12万5千円の支払いを済ませ自宅へ帰りました。これまでの忙しかった日々を清算するような「体健」も「車検」も一応何事もなく終わり、これで一区切りがついたような安心感ができたようです。車検には多分20万円はいるだろうと出かける前に現金を用意してくれていた妻も、「体健」の結果と「車検」が安上がりだったことに大満足の手合いでした。
 車はさて置き、私の体調がいいことの裏には、私の健康維持を意識して、毎日料理を作って食べさせてくれる妻の、ひた向きな努力も見逃すことはできず、大いに感謝をしています。勿論「健康は自分が自分に贈る最高のプレゼント」ですから、自分自身が毎日行なう体調管理のための運動や規則正しい生活も見逃すことはできませんが、とりあえず予約を取った11月16日まで節制を続けたいと思っています。

  「体健と 車検を同じ 日に実施 どこかすっきり 一安心で」

  「四本の タイヤ交換 これでよし 近く遠くへ 旅は安心」

  「快食と 快眠ゲット この上は 運動欠かさず 体調管理」

  「健康が 何より優先 するテーマ 無理せず若さ 保つ努力を」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。