人間牧場

○小学生への出前授業

 一昨日の午前中、地元由並小学校の4年生の授業で栗坂先生から話を頼まれ、シーサイド公園内にあるイベントホールへ出かけて行きました。寒いといいながら全面ガラス張りのイベントホールには春の日差しが優しく差し込み、暖房をしていたこともあり、ポカポカと温かくついウトウトしたくなるような雰囲気でした。
 前日の夜、事前に子どもたちが作った手書きの質問事項を栗坂先生からいただいていたので、おおよその内容は知っていましたが、20人ほどの子どもたちから質問形式で意見を出してもらい、シーサイド公園の出来た歴史的経緯、シーサイド公園の運営、シーサイド公園の施設内容、双海町の観光などにくくって私が話をしました。
 シーサイド公園の歴史的経緯
  ・シーサイド公園はどんな目的で作ったのか。
  ・シーサイド公園は誰が計画し造ったのか。
  ・シーサイド公園を造るのにどのくらいの費用がかかったのか。
  ・シーサイド公園の名前は誰が考えたのか。
  ・シーサイド公園はいつころできたのか。
  ・シーサイド公園を造る時の苦労話。

熱心に勉強する由並小4年生

 シーサイド公園の施設内容
  ・ひょうたん島・オブジェのLED光線、ウッドデッキ・童謡の小路・恋人岬・夕日のミュージアム
  ・階段式護岸・人工砂浜・二つの駐車場・穴の開いたモニュメント・二階のレストランの夕浜館という名前
  ・鯉の泳ぐ池・恋人の聖地・モアイ像と夕日の地図・特産品センター・遊具やゴミ箱が少ない訳など。
 シーサイド公園の運営
  ・公園何に何故お店があるのか?。
  ・シーサイドのお店でよく売れているものは何?。
  ・何故じゃこ天は売れるの?。
  ・年間どれぐらいの売り上げがあるの?。
  ・誰が運営しているの?。
  ・砂浜が綺麗なのはどうして?。
  ・イベントが多いのは何故?。
  ・年間どんなイベントがあるの?。
  ・水族館はどうしてなくなったの?。

 双海町の観光
  ・一年にどのくらい観光客が来るの?。
  ・パラグライダーの着陸地点になぜなっているの?。
  ・水仙祭りは何故シーサイド公園でするの?。
  ・夏の海水浴客は一日どのくらいな人が来るの?。
  ・イベントの観光的効果は?。
  ・シーサイド公園の課題と将来の夢。
 小学校4年生とは思えない様々な鋭い質問が私に矢継ぎ早に寄せられました。由並小学校からはシーサイド公園が一望でき、子どもたちは毎日公園を見ているし、何かにつけて公園へ遊びに来ているので、さすがだと感心しながら1時間20分も話し込んでしまいました。時々やって来る視察者もこれと同じようなことを聞くのですから由並小学校の子どもたちは大したものです。久しぶりにシーサイド公園の構想を計画したり造ったころのことを思い出しいい勉強になりました。

  「四年生 俺に色々 質問し まるで視察の 人のようです」

  「そういえば 二十年前 燃えていた 夢を形に 反対押して」

  「子どもだと 思っちゃならぬ 質問は 大人顔負け しっかりせねば」

  「夢は何 子どもに聞かれ ドキッとす この歳なると 夢も萎んで」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。