shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年6月29日

○狂った歯車

 今朝妻と食事をしていたら、「最近あなたの財布の中身が早くなくなるような気がする」というのです。「タバコもコーヒーも飲まない上、酒まで辞めているのだからそんなこと言われたって」と腹を立てて反論すべきででしょうが、自分でも同調しているだけに反論のしようがないのです。私の場合財布を何処へでも置く癖があって財布を持たない暮しが長らく続きましたが、最近はさすがにそれもなく中身が減ったら私が恥を書かないようにと、一定額をきちんと妻が補充してくれるのです。そういう意味ではできた妻ですが、その中身が早くなくなる原因はどうやらガソリン代のようだと妻に話しました。1リッター120円前後だったガソリンが今は170円を越えているのです。私はセルフのスタンドはどちらかというと嫌いで、主に知人友人のガソリンスタンドで給油をしますが、スタンドの店員さんはさも自分が値上げしているような感じがするのか「ガソリン代が高くてすみません」と平謝りの低姿勢です。何も店員さんが悪いのではないのですが、それでも給油を終えて財布からお金を出す度にガソリンの値段の高さに驚き、「車に乗るのを極力避けようとするのです。しかし松山市をフィールドにしている私の日常活動にとって、往復50キロは縮めようのない距離なのです。

 楽しむべき食事の席が、こんな政治に対する不満をぶっつけなければならない現代社会は異常なような気がします。イージス艦あたごの衝突問題、年金問題、道路特定財源問題、後期高齢者問題、国家公務員の汚職問題など、これでもかといわれるほどの難問題が次から次へ飛び出し、その都度政党間の駆け引きで国会は空転し、日銀総裁ひとり決められないお粗末な状態となっているのです。まさに機能不全、脳死状態の内閣です。

 これまで総理の顔など滅多に拝めないと思っていたのに、何でもかんでも総理が出て、総理はまるで百面観音様のようです。それぞれ大臣がいるのですからそこできちんと対処する責任の取り方を考えないと、阿部さんのように途中で押し潰されてしまう気がするのです。これは総理と総裁を同じ人がやるために起こる弊害であり、その事に自民党はまだ気付いていないようです。

 食事の席で政治を語ることは何も悪いことではありませんが、政治を意識せずに生きていられるような、つまり投票で選んだ人たちがもっと真剣に政治に取り組んで欲しいのです。政治家は二言目には国民の意思だとかいっていますがそれは二枚舌で、国民のことを考えているのならもっとましな政治ができるはずなのです。

 平和学の第一人者であるノルウェーのJ・ガルトゥングが「戦争がないから平和だというのは、今自分は病気をしていないから健康だと思い込んでいるのに似ている」と言っているように、すでに体内で病気が進行しているのに、健康だと思い込み検査も何もしないとの同じだとすると、日本の政治的現状は知らない間に末期がんに侵されているのかも知れません。政治への非難の声は日増しに高まるばかりです。国の歯車が狂えば、国民の歯車も狂うのです。今一度狂った歯車を元に戻さないと大変なことになるような気がするのです。

  「今平和 今健康だとて 油断せず 足元固め 生きる肝要」

  「知ってます? 平和の敵は 平和です 平和に溺れ 平和崩れる」

  「財布減る 原因油 自衛策 車頼らず 思うがやれぬ」

  「年金は 下がる油は 高くなる 何処で辻褄 妻のやりくり」

[ この記事をシェアする ]