shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年6月27日

○ハッピーステージという雑誌で紹介

 一昨日外出先から帰ってみると、「ハーッピーステージ」という雑誌が玄関先に置かれていました。数日前編集に携わった宮本舞さんから掲載紙が送られてきながら、封筒の糊が表紙と封筒にべったりついて、肝心の記事が途中で破れて読めなかったものですから、嬉しいお届け物です。まだ確認していませんが地元の伊予銀行支店長さんが届けていただいたのではないかと推察するのです。支店長さんは数日前人間牧場に案内したこともあっての配慮ではないかと思いました。

 さてこの「ハッピーステージ」というのは伊予銀行のお客様用情報誌で、株えひめリビング新聞社が製作を引き受けているようです。印刷をセキ株が行っていて、先日の関奉仕財団理事長の人間牧場訪問といい、何か因縁めいたものを感じるのです。

 さてこの雑誌の表紙には「人間牧場、今日も元気です。-スローも落伍することも『若松進一流の進化論』-」と凄い見出しで読者にアピールしています。ページをめくると見開き2ページに渡って記事が載っていますが、いやあこの写真、自分で言うのもおこがましいのですが、今まで撮っていただいたどの写真にも負けないような穏やかな表情で写っていて、一辺で気に入りました。何せこの顔ですのでこれまで自分の顔写真を撮られるのを極端に嫌っていました。したがってこれほど長い間まちづくりに携わりながら、写真をといわれても中々出てこないし困ってしまうのです。わが妻もこの写真は気に入ったようで、「お父さん、この写真が一番いい」と褒めてくれました。

 さて、記事の内容ですが、記者の鋭いタッチでこれまでにない切り口で書いています。「子どもの頃の原点に還って心を開放するとっておきの場所」「どんどん進化しているよ、人間、進化しないとだめだよ」「小さなことも続ければ『スゴイ』、創作落伍(らくご)を極めます」と三本の中見出しが並んでいます。

 リード文だけ紹介しておきます。

 町役場に在職中、職員としてまた一私人として下灘駅夕焼けプラットホームコンサートや無人島キャンプの実施、ふたみシーサイド公園などに関わってきた若松さん(63歳)。退職後も「さすが若松進一的」な生活を実践中。50代から構想があった「人間牧場」を完成させて2年余り。この場所に集う地元の子どもや、訪れる人たちとの交流は、さらなる境地へ向っています。


 ウッドデッキでくつろぐ姿、ロケーション風呂、落伍風景の写真3枚と夕日徒然草という自著本、それに私が毎日書いているブログのトップページが紹介されています。写真それぞれのキャプションも少し長めの文章タイプなのでかなり奥深く仕上がっているようです。

 私など、銀行に行くことなど滅多にない貧乏人ですが、ブログを読まれた県内読者の方々なら伊予銀行のロビーなどに置いていると思われますので、ぜひ手にとって読んで見てください。男前の若松進一さんに紙上で出会うかも知れません。

  「これまでは 写真撮影 お断り ところが最近 顔に自信が」

  「この写真 葬式用に しようかと 提案妻に 縁起でもない」

  「若松も まんざらでなし 老松に 実物だけは 見ないようにと」

  「金のない 俺が銀行 情報誌 載ってる不思議 妻も同感」

[ この記事をシェアする ]