shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年6月18日

○習慣化すれば

 私は凡人です。ゆえに子どもの頃から人並みなこともできず、こんな人間に生んだ親を恨むことさえありました。今でも親父の語り草ですが、私は小学校へ入るまで10の数さえ数えられなかったそうです。私が小さい頃は戦後間もない頃もあって、村には幼稚園や保育園などなく、子どもはいきなり小学校へ入学しました。故に小学校へ入る準備といえばカバンと学生服だけで、そのカバンさえ近所の裁縫の得意なおばさんが厚手の白生地で縫ってくれた肩掛けカバンでした。中に入れる教科書も姉のお下がりが何冊かあったような記憶があるのです。そんなこんなの時代ですから学校など余り重要なことではありませんでした。それでも私の10を数える訓練は、家の前の海岸に転がって小石を10個拾ってきて毎日続きました。昔の漁家は魚を獲る網や縄さえも自分で作らねばならず、漁から帰った親父は毎晩夜遅くまで網をすき縄をなっていましたが、その横に座らされた私はその小石を使って10の数を数える練習をしたのです。それでも偉いもので何日かするとそれが習慣となって、小石を沢山拾ってきて、足し算や引き算までもできるようになって、人並みに回復したばかりでなく、算数が少し得意な教科にまでなりました。

 習字も苦手でした。第一習字の道具は家に一つしかなく、姉が学校で使う日は私は筆だけを持って学校へ行き、友達に墨を磨ってやって一緒に使わせてもらいました。その当時は白い半紙など仕上げに使うもので、新聞に何度も何度も真っ黒になるまでなぞって書きました。その新聞すらわが家ではとっていなかったので、友だちや先生に貰いました。その時字が読めないのに貰った新聞の中から、一枚だけ譲り受けて大事に家にとって帰り、隅から隅まで何度も読んだものでした。お陰様でそのうち国語が得意中の得意となって以後私の読書開眼となって行くのです。

 「それも分らないのか」と夜なべする親父は鯨ざしの定規でピシャリト手の甲を叩かれた痛さは今も忘れることができないのです。人は自分の醜い部分を隠す習性があります。女性が顔にお化粧するのもより美しくしようとする行為であり、政治家が学歴詐称するのも、自分をよりよく見せたいと思う心でしょうが、貧乏や出来が悪かったことなど好んで話すことではありませんが、それを習慣という努力によって克服した話は、私にとっては胸を張れる出来事なのです。お陰で人間習慣化すれば出来ないことはないと思うようになり、以後の私の人生を決める事になるのですから世の中は不思議なものです。

 理屈は一度聞けば分りますが、それを本当に自分のものにするには、毎日毎日繰り返し習慣化しなければ成就するものではないのです。近所に住む友人はゴルフが好きで今はシングルです。でもシングルになるため彼は毎日朝晩家の横に設えた小さな猫の額ほどの練習場で練習をしているのです。私だって毎日三枚のハガキをもう22年間も書いているのですから、凡人だって習慣化すれば非凡になることを証明しています。

 人には良い習慣と悪い習慣があります。酒やタバコを止めれないのは悪い習慣でしょう。毎日出会う人、出会うことに対する見方や考え方、行動が自然体でできるようになる習慣づけは人生を楽しくしてくれます。どおってことない早寝早起きだって簡単にできる習慣なのです。

  「十の数 数えられない 俺だって 今じゃ立派に 経済語る」

  「習慣は 一度はまると 病み付きに これが出来れば 非凡人生」

  「手の甲を 摩って思う 親の恩 小石数えた 懐かし日々を」

  「続ければ 行というべき 行いに なるから不思議 暮らし充実」

 

[ この記事をシェアする ]