shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年6月2日

○のんびり温泉気分

 昨日は6月の第一日曜日なので、私の住んでいる灘町地区の一斉清掃がありました。自分の家の周辺の組内の人が一戸に一人出て周辺の側溝などを掃除するのです。年に一度なので周辺の側溝にはゴミや土砂が溜っており、側溝の蓋を外して中の汚物を取り出すのです。近所は他の地区に比べ比較的若い人が多いので、年配の私などは昔のように進んで重労働をしなくても、少し邪魔者扱いのような感じで手伝いました。田舎なので周辺にはまだ田んぼがあちらこちらにあって、側溝も農業用と生活用が共用しているよな物もあるのです。最近は近所づきあいも両隣以外は殆どなく、このような時でないと顔を合わせたり声をかけることもないので、積もる話に花が咲きました。

 一昨年までは区長をしていた関係で灘町区全体の面倒を見なければならず、消毒液の手配や車の借り上げ、ゴミや土砂の運搬など多くの仕事をしていましたが、その仕事もなくなって元に戻ったため、こうして地元の付き合いが出来るのも有り難いことなのです。下水側溝に消毒液を撒いたりしましたが、早朝午前7時からの作業だったため、8時30分にはすべての作業が終り解散しました。

 前日妹の娘が結婚披露宴を挙げたこともあって、姉夫婦、妹夫婦、そして和歌山の弟夫婦で温泉に行く計画を妹が立てていましたが、和歌山の弟夫婦は所用で帰ったため、6人で伊方の亀ヶ池温泉へ骨休めに行く事になりました。夕方会議出席が予定されているため、それまでは日頃疎遠な兄弟でのんびり日帰り温泉小旅行です。昨日は梅雨に入っているのにまずまずの天気で暑いくらいでしたが、それでも佐田岬半島の潮風メロディーラインに吹く風は心地よく、途中の特産品即売所などに車を止めて買い物をしながらのんびり旅です。

 私たちの町から伊方町亀ヶ池までは長いトンネルが貫通したお陰で僅か1時間です。もう10時には到着していました。受付で見慣れた懐かしい顔にお会いしました。一人は元瀬戸町長の井上善一さんご夫婦です。もう一人は元伊方町長の中元清吉さんです。いずれもライオンズクラブの記念行事で韓国の方を招いてのイベントとかで、お客さんを案内しておられました。それぞれ在任中はお世話になった方々なので懐かしくお話をさせてもらいました。井上さんも中元さんも、勿論私も既に過去の人なのですが、かつてはお互いにまちづくりに熱い思いを持っていただけに、こうして元気な姿を見ると嬉しくなるのです。

 温泉は最近出来たため新しくて清潔で温泉の質も上々で、女性たちは岩盤浴を楽しんでいるようでしたが、私はサウナや塩サウナを楽しみのんびりとリラックスすることができました。温泉の後は食事会で、酒は飲めないものの美味しい海の幸を満喫し、思い出話に花を咲かせました。姉夫婦は老域、妹夫婦は商売とそれぞれの伴侶とともに人生を楽しんでいるようです。私たちも前期高齢者の仲間入りを目前に控えお手本と鳴なべき姉夫婦を見習って穏やかな老後の暮しを楽しみたいと思いました。

 リタイアしたといいながら毎日「何でこんなに忙しいのだろう」と妻も自分も思うほど、むしろ現役時代と違った忙しさの中で暮らしていると、目の前の自然や社会に疎くなっている事に気がつくのです。これからは少しずつ荷物を軽くして心豊かに生きて行きたいものです。それにしても昨日はのんびりゆっくりリラックスしていい一日でした。

  「温泉に 浸りのんびり 久しぶり 我に帰りて 五月を思う」

  「兄弟が 一緒温泉 行くなんて 積もる話に 花を咲かせて」

  「偶然に 出会う馴染みと 立ち話 それぞれ生きて それぞれ語る」

  「どうかしら 親父に土産 買う算段 妻の相談 嬉しいもんだ」

  

[ この記事をシェアする ]