shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年12月9日

○友人の提案

 私の友人には私に負けず劣らず様々な提案を私に提供してくれる人がいます。「若松さん定年退職したのなら会社を作って一儲けしないか」とか「もうそろそろ次の本を出版したらどうか」など様々です。私は今のままで十分満足しているし、やりかけた人間牧場もこのところの急がしさで手が回らないのですから、これ以上の仕事は持ち込まないようにして欲しいと思うのですが、相変わらず私の行動力に大きな期待を寄せているようです。「そんなアイディアがあるのだったら自分でやったら」といいたいのですが、その人たちは自分で行動を起そうとはしないのです。

 私が仮に会社を作ったらどんな会社だろうかと空想してみました。多分仕入れて物を売るような商売は私には出来ないと思います。妹が立ち上げた海産物のお店も傍から見ると大変なようだしと思いつつ、結局は私が長年培ったノウハウを利用したコンサルのような仕事なのかと思ったりしました。しかしコンサルは人が来んし人が去るなんて散々悪口をいってる私ですからそんな会社は出来ないような気がします。本を出版するくらいなことだったら出来るかもしれませんが、あいにく人間牧場に虎の子の全資産をつぎ込んだため、大蔵大臣の協力なしでは出来ません。退職してこの一年余り、ブログを中心にして書いて書いて書きまくった原稿も沢山あります。その原稿を使えばいとも簡単に本など沢山できるのです。でも今のところそんな暇がないのが実情です。

 会社を作る話は前々からありました。そんな気がない訳でもなかったので有限会社や株式会社の作り方や運営の仕方についても本を読んだりして随分勉強をしました。その結果でしょうか、仕事柄ふたみシーサイド公園の運営に携わる第三セクターを出資金2千万円で立ち上げました。「有限会社シーサイドふたみ」という会社です。産業団体にお願いし出資金も難産の末集まりましたし、その会社は第三セクターでありながら何とこの12年間一回も赤字になることもなく、黒字経営を続けているのです。しかも出資者に5パーセントの配当をしているのですから凄い業績です。「赤字になったらどうするのか」「赤字の責任は誰が取るのか」とあれほど出資を渋った団体のお偉方は、何の疑いもなく何も言わずに配当をこの12年間受け取っているのです。計算すると100万円の出資者はこの12年間で60万円もの配当を受けているのです。血の滲むような努力と知恵を出した私には何の根ぐらいの言葉も褒美もないのですから不思議な話です。しかしその業績は毎日の売り上げが毎月、一年と積み重なった結果であり、数字で表す業績に一喜一憂する胃の痛くなるような日々は私にとって苦痛の連続でした。あんな思いだけはしたくないのです。

 私はこれまで5冊ほど本を出しています。私の本は何故か売れ行きがいいのです。特に「昇る夕日でまちづくり」という本は3千部自費出版しましたが、1年であっという間に売り切れ2版目を出したほどです。しかし思いついて3千部の本を出版しましたが、最初印刷会社からトラックに詰まれて我家へ全部の本が届いた時の驚きは尋常ではありませんでした。家中が本だらけになったのです。ましてや家の座が抜けるほどの重さですから、売れるという保証もない本をどう保管するか正直困りました。幸い私設公民館煙会所へ借り置きし、注文を捌いたものです。あの時の圧迫感は今も忘れられない思い出なので、今でも本を出すことを躊躇しているのです。

 昨日東京に出張したついでに大きな本屋さんに立ち寄りました。書棚に並んだ本を見て自分の本の存在のいかに小さいかを実感しました。日本国内ではこのように毎日毎日とどめもなく本が出版されているのです。

 でも会社も作りたいし本を出したい気持ちも半分半分、まあ熟慮を重ねましょうか。一儲けできるような上手い話はそんなにありません。

  「自由な身 ゆえに誰もが 俺の知恵 使って儲け 上手い話を」

  「言うのなら あなたがすれば いいのにと 思うけれども 人は人当て」

  「あの本を 出さなかったら 俺値打ち 上がっていない 一冊の本」

  「友人の 提案色々 ありまする 無茶は出来ぬぞ 俺の歳では」

 

[ この記事をシェアする ]