shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年12月5日

○岩手県一ノ関の風邪

 この30年余り風邪など引いたことがなかったのに、先日岩手県一ノ関に行った折、一日中冷たい雨だったせいもあって、少し寒気がしたようなきがしたのですが、そのことが尾を引いて風邪気味です。岩手県一関の人にこのブログを読まれれば、「それは一ノ関への言いがかりだ」と咎められそうですが、少し反省しながら書いています。一ノ関への旅は東北ゆえ寒かろうとズボンの下にはこのところはいたこともないパッチをはき、「一枚余分にはおって来るように」とメールが入っていたのでこれもこのところ着たこともない半コートを着て万全を期して行ったのですが、それが裏目に出たとしか言いようがないのです。

 寒い厳寒の時期にもシーサイド公園の早朝掃除には半袖まがいの薄着で臨んだことを思えば、まるで北極へでも行くような出で立ちでしたが、過保護はかえって体調を崩すのだということを身をもって体験した次第です。

 妻は「10月、11月の目まぐるしい忙しさでお疲れモードになってるのだ」といたわってくれるのですが、そうかもしれないと納得しつつ日々を暮らしています。でも風邪といっても別に熱が出て寝込むわけではなく鼻がシュンシュンし咳が少しだけなのです。最悪は先日NHKテレビに出演した時で、カメラに隠れてティッシュを離せませんでした。

 何とかこの風邪を治したいと、病院や注射の嫌いな性格から妻の薬を飲んだり薬用風呂に入ったりしてみるのですが一向に効き目がありません。少し荒治療かと思われるサウナにも入ったのですが一進一退です。ところが最近四国・愛媛県・伊予市・双海町にも寒波がやって来て私の風邪に追い討ちをかけました。「あー嘆かわしや」と思っていましたが、少しずつ快方に向かっています。

 一年中病気らしい病気もせず元気印で働いてきた退職後1年8ヶ月も、今後のことを考えれば少し健康に注意して運動や睡眠に気をつけたいと思うこのごろですが、こうした私の体を気遣って、最近サプリメントなる新しい健康補助食品が私の元に届けられるようになりました。食事も妻が私の健康を気遣って作ってくれているのでサプリメントなんてと思っていますが、これも私の思い込みかもしれません。サプリメントは何か薬を飲むような気がして仕方がないのです。薬嫌いな私としては当然でしょうが、サプリメント=薬との思い込みを直さなければなりません。

 テレビを見ていると有名人が次々と出てきて「○○に出会って私は人生観が変わりました」などというものですから益々信じられなくなっています。

 風邪をひいたこんな時、死んだ母はよく玉子酒を作ってくれました。熱くて甘い玉子酒をフーフーいいながら飲んで布団をかぶって寝ると体中から汗が吹き出して、汗で濡れた寝巻きや下着を変えて一眠りして随分良くなった思いでも遠い昔の思い出となりました。風邪をひいた妻の横に寝ていても前々風邪を引かず、「あなた少し鈍感なのでは」と妻に言われていましたが、これで「馬鹿は風邪をひかない」諺からすると、私は利口者ということになるのです。

  「風邪引かず 腹もうずかず 三十年 馬鹿な男が 風邪ひきました」

  「お土産に 貰った風邪で 難儀する 一ノ関だが 関は咳でも」

  「風邪予防 鵜飼とうがい 同じ文字 鵜飼の鵜たち うがいするのか」

  「北西の 風が運んだ 風邪の風 わが家流行 みんな病に」  

[ この記事をシェアする ]