人間牧場

〇早起きな私と早起きな息子
 私は余程のことがない限り殆ど毎朝、目覚まし時計の力を借りなくても午前4時に目を覚まします。「歳をとると寝れないの」とよく言われますが、若い頃漁師をしていた癖が治らず50年経った今もその癖は治らないようです。

 夏が来た今は午前5時前に夜が明けるので、諸々FaceBookなどの記事を書いて午前6時にウォーキングに出掛けますが、わが長男息子も今は朝顔に水を遣るのが忙しく、私がウォーキングで家の近くを通ると、今朝も息子は長いホースを解いて車庫上に置いている朝顔の植木鉢に丹念の水を遣っている姿を遠目で見かけました。

 昔から「早起きは三文の得」と言われ、また「早起きの人には金を貸しても大丈夫」という諺があるように、概して早起きは働き者の代名詞のように言われています。もう間もなく私は年齢が八十の大台に突入しますが、年齢の割には元気であれこれ年齢以上の働きをしていると、人から言われています。それもこれも元気な証拠です。これこあらも「元気が一番」に心がけて生きて行きたいと思っています。

[ この記事をシェアする ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください