人間牧場

投稿者: | 2021年7月31日

〇野菜作り(その2)

 台風6号と台風8号が相次いで発生し、先島諸島や関東・東北では時ならぬ大雨や大風に見舞われましたが、四国はその真ん中に位置しているためこの10日間、ほど全く雨の降らない猛暑が続いています。そろそろお湿りが欲しいこの頃ですが、週間天気予報ではお日様マークばかりで雨の気配は全くないようです。

 畑を見渡すと、里芋やキユーリの下葉が黄色くなり始め、水が欲しいというサインを出し始めました。わが家の菜園には井戸水を利用した配管をしていますが、井戸水にも限界があるので、流しっぱなしになっている山水を利用して灌水をすることを思いつき、ホームセンターへ出かけてホースを買い求め持ち帰りました。

 少し大きい目のホースなので25mで1万千円と割高でしたが、毎年使えるので思い切って投資しました。持ち帰ったホースを水口に繋ぎ、里芋畑へ導水しました。水量はそんなに多くありませんが、24時間流しっぱなしにしたお陰で、里芋畑の里芋は水を得てしゃんとしてきたようです。

 ピーマンやシシトウ、オクラ、キューリ、長ナスは井戸水を使って陽が落ちる夕方谷灌水しているので、畑の野菜類は例年になく元気で、今日にでもトマトの谷灌水も始めようと思っています。野菜作りは少々骨が折れますが、これも家族の健康を守る大事な仕事です。

「この10日 お湿りもなく これからも 雨のマークは 期待できない」

「野菜類 水か欲しいと 言っている さてどうするか 思案六方」

「投資して ビニールホース 買い求め 早速灌水 24時間」

「水を得て 野菜活き活き 回復し こちらも元気 回復基調」

[ この記事をシェアする ]