月別アーカイブ: 2013年1月

人間牧場

〇高知県四万十市西土佐へ(その2)  愛媛県の田舎は言うに及ばず高知県の田舎でも、過疎化・高齢化・少子化・産業不振などが同時進行し、集落存亡の危機に貧しています。田舎を歩くと、既に人の住まなくなった空き家が目立ち、その空… 続きを読む »

人間牧場

〇孫の保育園の餅つき大会  息子家族と同居を始めるようになって間もなく2年近くになりますが、五歳の希心と三歳の奏心が通う家の近くの上灘保育園では、小さいながらも運動会や発表会など一年を通じて色々な催しがあるのですが、私は… 続きを読む »

人間牧場

〇壱岐原の辻遺跡(壱岐への小旅行その4)  私は今回の旅でラッキーにも、壱岐の原の辻遺跡を見学することができました。博物館からいただいた資料には原の辻遺跡について次のような紹介文が書かれていました。  原の辻遺跡は今から… 続きを読む »

人間牧場

〇念願の長崎県壱岐へ(その2)  長崎市香焼町に住む親友の武次さんの一本の電話から、長崎県壱岐への小さな旅のドラマが始まりました。「1月26日の予定は空いているか」という携帯電話での連絡に、「前日は終日日程が詰まっていて… 続きを読む »

人間牧場

〇今回もいい旅の思い出ができました  一度は行きたいと思っていた憧れの島、長崎県壱岐へ行って来ました。今年は春からいい予感です。続きは帰宅が23時50分と深夜になっているので、明日にします。お休みなさい。

人間牧場

〇練習を怠っているハーモニカ  以前は家庭にいる時、よく練習していた手持ちのハーモニカも、最近はすっかりご無沙汰で、吹いていないことに気がつきました。というのも県外の出張先から帰宅して、出張の間に読まなかった新聞を、まと… 続きを読む »

人間牧場

〇活字は選択の技術や方法が学べる智恵である  私の町には残念ながら本屋がありません。故に活字の読み物は毎日届く新聞朝刊や、市から毎月届く広報程度なのです。活字離れの時代といわれていますが、こうも活字不毛な場所に住まなけれ… 続きを読む »

人間牧場

〇三重県尾鷲観光物産協会から講演に招かれて(その2)  協同組合尾鷲観光物産協会の招きで、三重県尾鷲市へ行きました。どんな趣旨でやるのかも余り分からぬまま引き受けたものの、送られて来たパンフレットを見ると、「みえ地域コミ… 続きを読む »

人間牧場

〇エネルギーのまち伊方町を訪ねる  東日本大震災以降何かと気になるエネルギーのまち伊方町を、久しぶりに訪ねました。かつてイクナ国道などと悪評され、行くなといわれた三崎半島も、半島の付け根に位置する保内町の南北に縦断するよ… 続きを読む »

人間牧場

〇おひねりで840円の投資  昨日、招かれた長崎県西海市の生涯学習推進大会で、ある女性から講演中ティッシュに包んだおひねりをいただきました。普通おひねりは小銭なのでしょうが、貰った相手に失礼と思いつつ、あえて中身を公表す… 続きを読む »