shin-1さんの日記

○内は紙ごみ焼却と外は草削り、すっかり綺麗に

 このところ天気予報が合わず、今日は予想に反してうす曇りです。だんだん暑い夏が近づいて何となく蒸し蒸しするような日和です。わが書斎の中も、このところの忙しさで、まるで紙ごみに囲まれているような雰囲気なので、朝から身の回りの掃除をしました。キャリーを持って来てその中にいらなくなった資料をどんどん投げ込んでゆくのですが、1時間ほどでキャリー5箱分の紙ごみが出て来ました。中にはシュレッターにかけなければならないような物もあるので、畑の隅にある自家焼却炉まで運んで焼却処分です。紙は一枚一枚入れればよく燃えるのですが、分厚い資料などは外が燃えるだけで入れれば入れるほど燃えないのです。傍で見かねた親父が長い鉄の火かき棒で中を交ぜながら燃やしてくれました、何せ大量なので親父の手助けがあっても昼間でかかってしまいました。私はパソコンを使ってブログのプリントアウトをしながらの作業で、1月。2月・3月の三ヵ月間もプリントアウトできてホクホクです。途中インク不足の警告ランプがつき、近所の電気屋さんに買い求めに出かけましたが、あいにく形式番号が合わず、今日の作業は断念しました。捨てても捨てても貯まる一方の紙類にうんざりしながら日々を過ごしていますが、もうそろそろ紙ともお別れしなければならないようです。まあもう一日捨てればスッキリする予定なので、いい日を選んでまた大掃除をしたいものです。

 昼からは家の周りの草削りをしました。家の周りといってもわが家は敷地面積660坪、貧乏なくせに敷地だけはやたら広いのです。この20年余りは親父が中心になってこの敷地の樹木や野菜、それの雑草除去を一手に引き受けてやってくれていましたが、年老いた親父の力だけでは追いつかなくなってきました。去年辺りから私も手伝っていますが、健康そうで健康でない私はアリのように働く親父の半分もこなせないのです。

 それでも今日は裏庭と表庭の殆どを草削り用の鍬で削ってしまいました。今年は春先についで、これで早2回目の草削りなのですが、今日は暑くて汗が吹き出るようにびっしょり出ました。「もう限界だ止めよう」と思ったのは午後5時頃でした。仕事から帰った妻は、周りの庭が綺麗になったのを見て驚いた様子で「まあ綺麗、ご苦労さん、まあ一休みしてスイカでも」と大変なサービスぶりです。「おいおい一服したらまた続けろというのか」というと、「無理をすると長続きしない」と、止めるよういわれ、一番風呂へ入り汗を流しました。

 何年か前だと風呂上りに飲むビールのいっぱいは格別の味でしたが、今はそれも適わず美味しい食事をいただきました。

 このところの人間牧場や家の周りの草削りなどで、幾分か顔が日焼けしたのか鏡で見ると黒くなったような気がします。その分体も引き締まったように見えるのか、出会う人誰もが「元気そうななったね」とお世辞を言ってくれます。その都度「体重は変わらないのですがねえ」とか、「お陰様で」と適当にお茶を濁していますが、それでも「元気になった」と言ってくれるだけでも有り難いことなのです。

 このところ腰の具合もまあまあです。食欲もあるし夜もぐっすり眠れます。また仕事の意欲もあって、日々充実しています。ただ惜しむらくはやはり少々オーバーペース気味なので、もう少しスローダウンした方がいいのではと、妻も知人も言ってくれるので、そうしたいと思っています。でもやはり町の便利屋なのか、あちこちからボランティアまがいの仕事が舞い込んで、結局はオーバーワークとなっているのです。

  「内掃除 紙を処分し スッキリと 外は草取り ここもスッキリ」

  「昔なら ここでビールを 一気飲み 今は麦茶で 飲んだ真似事」

  「ご苦労さん 冷えたスイカで ねぎらいを さすが妻だな 嬉し気配り」

  「一番の 風呂に入って 歌唄う エコー聞いたる 俺もまんざら」  

 

 

Posted in 人間牧場 | shin-1さんの日記 はコメントを受け付けていません。

shin-1さんの日記

○カードの作成を断りました

 昨年の父の日に子どもたちかがプレゼントしてくれた、エプソンのプリンターを使い始めて一年が過ぎました。最初は嬉しくて様々なプリントを試みていましたが、そのうち慣れて今では日常程度の使い方になっています。あれ程自分のブログを全て印刷しようと意気込んでいたのに、気がつけば今年も早半年が過ぎようとしているにも関わらず、今年の分はまだ全然プリントアウトしていないのです。さてどうするか考えただけでも気が重くなりそうです。でもどこかでけじめをつけなければならないので、とりあえず一か月分だけでも徐々に進めたいと思い、昨日大学の講義に出かけた帰り道、松前のエミフルに出来た大型家電店DEODEOに立ち寄りました。というのも学生たちに「エプソンのプリンターインクは何処が安いか」聞いたところ、大型家電店なら大体同じような金額だと教えてもらったからです。

 DEODEOの店内は迷うほどの広さで、何処に何があるのかさっぱり分らず店員さんに問い合わせ、インクカートリッジの型式番号を告げ買い求めました。支払いレジに行くと店員さんが「お客様カードをお作りになりませんか。ポイントが貯まって断然お得です。このカードだと毎年幾らかお金がかかりますがいかがですか。開店の記念のため今回は無料です」というのです。普通このようなお店で使えるポイントカードは無料が多く、無料ならと思ったのですが、カードの嫌いな私は「次回からお金が要るのなら結構です」と断ってしまいました。怪訝そうな顔をした女性の店員さんを尻目に、そそくさと買い物を済ませて店を後にしました。

 最近はカードの時代でカードを作らせて会員としてお客の囲い込みを計るお店が随分増えてきました。ガソリンスタンドなどに立ち寄ると、殆どのお店がキャンペーン中だとか何か理由をつけてカードの勧誘をするのです。これらのカードは一回だけのものもあって、車の片隅で放置され、いずれゴミになる運命を辿るのです。

 「断る勇気」は中々難しいものです。前述したように私はカード決済が嫌いで、極力カードを持たないようにしています。行きつけのガソリンスタンドは会員証があれば3円引きなので、高くなったガソリン代に対抗する生活防衛のつもりで使っていますが、カードは先日作った高速道路のETCカードと二枚のみで、それ以外持っていません。銀行や郵便局などカードでお金を引き出したこともなく、その方法さえ知らないのですから、時代遅れもはなはだしいのです。

 お陰でカード時代には乗り遅れてしまいましたが、それでもカードによる事件に巻き込まれることもなく今日を迎えているのです。今の時代は流行を先取りして生きる人もいますが、私のように流行に逆らって生きている人も話してみれば結構いるものです。「あなたもそうですか。実は私も・・・・」なんて会話をして安心したりするのです。これからも「断る勇気」を持ってカード時代を乗り切ろうと思っています。

 それにしても「インクは高いなあ」、それにしても「インクは早くなくなるなあ」と思いつつ、プリンターのインクが揃って、さて始めるかと思った矢先、今度はプリンター用紙が少なくなっていることに気がつきました。「うーん間も拍子も悪いなあ」と自分の愚かさに納得しながら、思案の朝を迎えています。

 流行語となった「とりあえず」を引用して、今日のところはプリントアウトより、プリントインに心がける一日としましょうか。

  「インク代 馬鹿にならない 妻が言う その通りだと 私同調」

  「作りません? 誘いを受けて 作りません 断り店員 機嫌損ねる」

  「何枚も 見せびらかすよう カード持ち 買い物する人 偉いもんだね」

  「プリントを しようとインク 買い求め 紙を忘れた 俺は間抜けだ」

 

Posted in 人間牧場 | shin-1さんの日記 はコメントを受け付けていません。