月別アーカイブ: 2006年7月

shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月31日

○人生はスライドの枚数で決まる  私の半生を思い返してみると年齢のそれぞれに強烈なインパクトを与えてくれた思い出がまるでスライドのコマのように蘇ってきます。多分いい人生はそのコマの数で決まるのではないかと思うのです。「若… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月30日

○金融広報アドバイザーという仕事  「金融広報アドバイザー」。聞き慣れない名前ですが、これは私のもう一つの顔なのです。私は昭和51年に貯蓄推進員という辞令を日本銀区内にあるもう一つの組織、貯蓄推進中央委員会からいただきま… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月30日

○何もそこまで  人間とは得てして勝手な動物です。寒い冬は暖を求め、暑い夏は涼を求めてその快感を得ようとします。また夏に冬のものを食べ冬に夏のものを食べる季節早取りなどは日常茶飯事のこととなってきました。しかし世の中には… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月30日

○悲しい出来事  「もしもし若松さんですか」けたたましく感じる携帯電話の呼び出し音で目を覚ましたのは5時ころでした。普通はこの時間起きているのですが、前日の夜が遅くその朝に限ってまだ布団の中でした。「はいそうですが」とい… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月29日

○広報配り  合併するまでは町の広報もそれぞれの組長さん宅へ直接送られていましたが、合併してその広報が一括して自治会長の所へ届き、その広報を自治会長が配らなければならなくなりました。市役所のおっしゃるのには、「旧伊予市で… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月29日

○暑中お見舞い申し上げます  「毎日暑いねえ」で始まる朝のあいさつ。梅雨明け間もないうっぷんを晴らすように連日30度を越す猛暑が続いています。全国の親しい友人からは沢山の暑中見舞いが舞い込んで、暑中見舞いをまとまって出さ… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月28日

○夕日を語る  昨夕、「ふたみ合宿村」という地元小学生対象の事業に招かれ、夕日の話をしに潮風ふれあい公園へ出掛けました。日没が7時13分でしたので、子どもを思い切って外へ連れ出し野外講演会となりました。子どもたちはかつて… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月27日

○ゼロへの回帰  有難い事に最近は人間牧場がすっかり話題になって、人間牧場を説明する機会が増えてきました。「人間牧場って何」から説明するとまるでオームのように同じ事を何回も説明しなければならないので、いっその事テープにで… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月27日

○愛媛大学フィールドワークで内子へ  「ヤッホー、梅雨明けだ」と思わず叫びたくなるような待ちに待った梅雨明けです。ご覧下さいこの写真。旅先愛媛県内子駅のプラットホームから写したのですがいい夏の空景色でしょう。今年の梅雨は… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月26日

○野塾で来たことのある思い出の地・橘地区(20-7)  25日に長生地区へ行った時、開会時間までの余裕が少しあったので長生地区周辺を散策して回りました。中脇さんの運転で公用車に乗せてもらったのですが、沈下橋も私には同じよ… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]