人間牧場

投稿者: | 2021年2月18日

〇思わぬ積雪にビックリ仰天

 最近の天気予報は精度が高く、予報通り昨日は朝から雪が舞い、平地で昼間だというのにあっという間にそこら一面白い雪で覆われました。北国から見れば大したことのない積雪でも雪に弱いことが露呈して、スノータイヤやチェーンの用意もなく大混乱で、各地で通行止めや立ち往生、それにスリップ事故が相次ぎました。

昨日の天気図

本尊山も吹雪の中に

軽四トラックの雪を集めて喜ぶ孫希心

軽四トラック荷台の白いキャンバスに絵を画く孫希心

食卓から見える窓越しの裏庭はまるで水墨画の世界

 子どもの頃は雪が降ったり積もったりすると大喜びで、寒さや冷たさも忘れて雪遊びをしましたが、わが家の二人の孫たちにとっては今も昔も同じで、学校から帰ると外に飛び出し雪を丸めて雪合戦をしたり、軽四トラックの荷台に積もった白いキャンバスに手で絵を画いたりして遊んでいました。

 今朝起きて外に出て見ましたが、5㎝程積もった雪は解けずそのままで、今日予定していたクヌギの苗木掘り作業は夕方までできないようで、港の見える丘での準備も明日に延期せざるをえなくなりました。それでも週刊天気予報だと、人間牧場にジャガイモを植えたり港の見える丘にクヌギの木の苗を植える集会当日は天気も回復しそうなので、何とかなりそうです。

 北海道北見に住む市川さんが私のfacebookにコメント書き込みしてくれましたが、余寒厳しい北見では昨日、2月には珍しい雨が降ったそうです。勿論その雨は凍結しその上に雪が降り積もったようですが、沖縄を除けば日本列島がまるで冷蔵庫の中へ入ったような寒~い一日でした。暦の上で今日2月18日は二十四節気の一つ「雨水」です。伊予路に春を呼ぶ椿祭りも始まるようで、寒いながらも春の足音が近づいています。

「雪慣れぬ 地方がゆえに 大混乱 積雪避けて 海沿いの道」

「寒いのに 二人の孫は 外に出て キャーキャー言いつ 雪と戯れ」

「あれやこれ 雪が起こした ハプニング 夕方なれば 元の暮らしに」

「雪景色 写真に撮って 皆載せる 珍しいゆえ 私も同じ」

[ この記事をシェアする ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください