人間牧場

投稿者: | 2020年12月2日

〇特産物が宅配便で

 長い間地域づくりに関わっていることもあって、私には県内外に沢山の友人がいます。殆どの人とは年賀状程度のお付き合いですが、中には地域の特産品のやり取りをしている親友も沢山いて、季節季節のグルメと呼ぶにふさわしい旬の物が届くのです。

ホタテ貝

長芋

 昨日は北海道佐呂間町の友人2人から立派なホタテ貝やカキが沢山送られてきました。毎年のことなのでお互い送ったとも着いたとも言わず、届けば知人や友人、子どもたちに小さな袋に小分けして「○○の○○さんから送って来た○○です」と産地・送り主・産物名を言いながら配って歩くのです。

 また昨日は山梨県南牧村の友人からも長芋が沢山送られてきました。長芋はもみ殻を入れた段ボールに入っていて、日持ちがするので、これから当分の間長芋のとろろ汁やすりおろしてお好み焼き風に焼き、ポン酢と鰹節で食べると格別の味がして、嬉しい贈り物なのです。妻はうどんやそばにすりおろした長芋をかけた山かけが好物のようです。

 先日早生みかんに続いて紅マドンナを送りましたが、昨日は町内に住む妻の友人の農家さんからキウイフルーツ、近くに住む叔母から内子町産の富有柿が届きました。キウイフルーツはナイロン袋にリンゴを入れて熟成させ、柔らかくなったら食べるし、富有柿は追熟させながら食べています。今年は秋の天候が温暖だったため海の幸山の幸ともに豊作豊漁で、食欲の秋を大いに楽しむことができています。

「北海道 離れているが 宅配で ホタテやカキが 生きたままです」

「送ったり 送られたりの いい関係 全国名物 旬味届く」

「届きたる 産物それぞれ 小分けして 知人友人 子どもに配る」

「今年は 豊作豊漁 届きたる 産物どれも 味は最高」

[ この記事をシェアする ]