人間牧場

投稿者: | 2020年8月4日

〇アジとサバの刺身は美味しい

 関アジ・関サバといえば、東京辺りでは超がつくほど名の知れた、庶民の口には中々入らない海のブランド魚です。この魚は九州と四国の間にある豊後水道で大分の漁師さんが手釣りして、佐賀関に水揚げされますが、同じ漁場なのに愛媛の漁師さんが釣った魚は関アジ・関サバと呼ぶことができないのです。

 

 その豊後水道を泳いで瀬戸内海へ入り、回遊してわが町の漁師さんが網で獲れるアジやサバも同様で、この時期サワラ流し網にかかるアジやサバは流通には殆ど乗らず、有難いことに時々お裾分けされて私にも届くのです。昨日の朝は丸々太っったアジとサバが漁師さんから沢山届きました。

 早速粗調理をして冷蔵庫に入れて保冷し、夜の食卓にはプリプリのアジとサバの刺身が出て舌鼓を打ちました。通称青魚と呼んでいるアジやサバやハマチ、イワシ、サワラなどにはDHCなど、人間の体に不可欠な栄養分がかなり多く含まれているようで、最近は好んで食べられているようです。

 それにしても海沿いの町に住んでいると、有難いことに日常的に新鮮な旬の魚が届きます。私は魚が届くと包丁を研ぎ、裏にしつらえた専用の屋外流し台に立って、粗調理をするのがまるで日課のようになっていて、家族からも「お魚じいちゃん」と呼ばれ重宝がられています。勿論私も魚大好き人間なので、すっかり上達した腕をまくって張り切っています。

「この時期は サワラ流しの 網かかる 太ったアジ・サバ わが家に届く」

「早速に お魚じいちゃん 出番あり 腕をまくって お魚調理」

「食卓に アジ・サバ刺身 新ショウガ 薬味の醤油 つけていただく」

「健康な 体調維持に 欠かせない 魚沢山 毎日食べる」

 

 

[ この記事をシェアする ]