人間牧場

投稿者: | 2018年3月11日

◯全国地域リーダー養成塾中国・四国ブロック情報交換会in伊予市

 地域活性化センター主催の標記研修会が3月10日と11日の二日間、まちの縁側ミュゼ灘屋で開かれました。私は地域教育実践交流集会へ出席しなければならなかったため参加できませんでしたが、二日目の今日はエクスカーションの目的地が双海町だったため、ブロック幹事の松本さんから頼まれ、午前中人間牧場での研修を引き受けました。

研修風景

 随分春めいたといっても前日の朝は遅霜が降りるなど寒さが予想されたため、朝少し早めに朝食を済ませ、午前7時30分に自宅を出て人間牧場へ向かいました。研修会場となる水平線の家の室内に設置している薪ストーブに火を入れるためです。早速ストーブに火を入れると部屋はたちまち暖かくなりました。

今日はいい天気に恵まれました

 今年の冬は人間牧場界隈も雪が積もったり、色々なものが大風で吹き飛んだりしましたが、人間牧場への進入路にも沢山の枯れ葉が落ちて見苦しいので、みんなが来る前に熊手で掃き清めました。お陰で大汗をかいてしまいました。間もなく一行15人がやって来て、早速松本さんの進行で研修会が始まり、「不燃人から可燃人へ!」というタイトルで1時間ばかりレクチャーしたり意見交換したりしました。

 人間牧場を造ってから13年がアッという間に過ぎました。今では人間牧場もこんな僻地ながら年間約千人もの人が来るようになりましたが、最初の目論見通り沢山の人が学びにやって来ています。これからももっともっと想いを高めて、いささかなりとも社会の役に立ちたいと思っています。

 「縮み行く 日本の田舎 このままじゃ 消えてなくなる 心が痛む」

 「わが牧場 年間千人 やって来る 何を求める 風の中ゆく」

 「ストーブに 火を入れ人を 暖かく 迎える準備 私の仕事」

 「大震災 あれから7年 経ちました 奇しくもその日 地域を語る」

熱弁を語る私