人間牧場

〇旅の思い出写真

 私は10日前、北九州市の招きで講演に出かけました。その時少し早く現地に到着したので、少し重い荷物を両手に提げながら、門司港界隈を少しだけ散歩しました。しかしその後忙しい日々が続いたため、手持ちのデジカメの中に残っている写真を見ることもなく過ごしていました。昨日やっとその急がしさから開放されたので、デジカメのメモリーカードを取り出して、パソコンに差込み再生してみました。私はこれまで何度も門司港へは行っていて知ってるつもり、見たつもり 、記憶に残っているつもりなのに、始めて見たような気がして、とても新鮮に感じました。

 そこで旅の思い出として何枚かの写真をブログにアップして、記録に残そうと思いましたが時既に遅しで、この写真が一体何処の何という建物や風景だったのかは思い出すことが出来ず、記憶の曖昧さと遅きに失した記録に腹立たしさを感じているところです。それでも写真はしっかりと撮れているので、このままパソコンの中のお蔵入りにはしたくないと思い、訪ねた場所、記憶に残っている風景を4~5枚アップしておこうと思いました。ランダムに取った写真を見ながら、門司港界隈は素敵な街だと思い、いつの日か近い時機を見て、妻を案内してやりたいと思っています。(思っているだけで実現しないかも・・・・。)

対象ロマン漂う門司港駅

大正ロマン漂う門司港駅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1050883

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木になるカバンと門司港界隈

木になるカバンと門司港界隈

珍しい小さな開閉式勝鬨橋

珍しい小さな開閉式勝鬨橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1050906

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珍しい向うの風景が見えるビルディング

珍しい向うの風景が見えるビルディング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帆船の模型展

帆船の模型展

咸臨丸

咸臨丸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「写真見て 記憶の糸を 手繰り寄せ 首をかしげつ 思い出しつつ」

  「近いうち 妻を誘って 門司港へ 行って見たいと 写真見ながら」

  「デジカメの メモリーカード 一杯に なってしまった 保存の準備」

  「偶然か 咸臨丸の 模型見る 一週間前 ジョン万語る」

 

 

 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。