shin-1さんの日記

○エコー検査の結果まだ賞味期限はあるようです

 「若松進一さ~ん、病室へお入りください」。偶然にも子どもの頃から顔見知りの看護婦さんに呼ばれ病室へ入りました。一年に二回のエコー検査をもう10年もやってきているのでこちらも馴れたもの、脱脱いだ衣類を脱衣籠に入れ、上半身裸の状態でベットの上に横になりました。やがて検査技師さんがやってきて、「少し気持ち悪いかも知れませんが、直ぐに終わりますので我慢してください」といって、早速検査を始めました。

 ベットに横たわった私に検査技師さんは、パソコン画面に映し出される映像を見ながら、「はい、大きく息を吸い込んで~。はい、そのまま息を止めて~。はい、息を吐いてください」と、何度も繰り返すのです。腹にはゼリーのようなものが塗られ、エコーのカメラが何度もその上をこする度にヌルヌルとした気持ち悪さに、検査技師さんが最初に断ったように少し不快な気持になりました。

 横になったりしながら何ヶ所か検査をしていましたが、やがて検査技師さんは「エコーでは悪い所も見つかりませんでした。後は主治医の診察を受けてください」といわれ、看護婦さんは熱いお絞りで丁寧に腹の部分に付着したゼリーを拭きとってくれました。看護婦さんは私と出会ったのが余程嬉しかったのか、「進ちゃん、実は私おばあちゃんになったのよ」と唐突に小声で話しかけてきました。「ほうそりゃあ、おめでとうございます。孫は男の子?」「えっどして分かるん?」「そりゃああんたの話を聞いただけで分かるがね」「「進ちゃんは凄い眼力じゃねね」などと、当てずっぽで言ったことが本当に当たってしまっただけなのに、会話は弾みました。

 やがて内科受付を済ませて待っていると、エコー10時、内診10時30分なのに、10時20分にはもう診察室へ呼び込まれたのです。先生とは長い付き合いなので、雑談の方が多く、肝心の健康診断の話など殆どしないのです。「大学の講義は上手くいってますか。私などはお話ししても中々上手くいかず、少し早く講義を終わって学生の点数を稼ぐくらいしか芸がありませんが、その点若松さんは話がお上手だから」と持ち上げれれました。

 次回は5月29日午前8時30分に予約を入れますが大丈夫ですか。次回は血液検査を予定します。血圧も62と102ですから申し分ありません」「ありがとうございました」「はいお大事に」であっけなく終わりました。別れ際「あと2ヶ月は賞味期限がありますからご安心ください」と笑って別れましたが、楽しい先生で思わず噴き出し笑ってしまいました。私にとって二ヶ月に一度の定期健診は、胆のう摘出手術以来やっている恒例行事のようなものなのです。胆のうの周辺には様々な臓器が集中しているため、検査が必要なようですが、今のところ異常は見つかっていないようです。

 ロビーで支払いのため呼び出しを待っていると、私の顔見知りの方が何人か声をかけてくれました。「若松さん、どこが悪いの?」とか訪ねるのです。私はその都度同じような話をしなければならず、顔の広い(笑い)のも善し悪しです。それでもロビーで出会う人の中には糖尿病だとか肝臓が悪いとかいう人が何人もいて、深刻そうに自分の病気のことを話してくれるのです。その人たちの話を聞くにつけ病気にならないようにしなければと肝に銘じるのです。

 「健康は自分が自分に送る最高のプレゼントである」と、鈴木健二元NHKアナウンサーが言っていた言葉を思い出しました。確かに病気は不可抗力的なものもありますが、大体は自分で注意をして暮らさないと健康は保てないものなのです。少し運動不足の感じもしているので、注意したいと思っています。

  「二ヶ月は 賞味期限が 切れないと 医者の言葉に 少し安心」

  「エコー撮る 見えない腹の 中までも 見てきたように 異状なし言う」

  「俺の腹 エコーの画面じゃ 腹黒く 写っていたぜ 妻は納得」

  「おばあちゃん なったと聞きも しないのに 笑顔で話す 破顔一笑」

 

 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。