shin-1さんの日記

○肥えるのは簡単だが痩せるのは難しい

 私はこれまでの人生で最も体重が増えた時は68キロありました。身長が168センチですから少し肥え過ぎていました。元はといえば60キロ前後の体重だったのに、第10回総理府派遣青年の船に乗って2ヶ月余り太平洋を横断したとき、船内や寄港地で肉を中心にした西洋料理を食べたからでした。帰国した私を見て妻は「別人かしら?」と思ったそうです。それでも元の生活に戻って日本食を食べ始めると元に戻りましたが、一度膨らんだ風船が中の空気を抜くとしわしわになるように、どこかたるんだような体になってしまったのです。これは危ないと一念発起して筋力アップに取り組んだお陰で逞しいほどではないにしてもそれなりの体系を維持するようになりました。ところが10年前健康診断で胆のうにポリープが見つかり、胆のう摘出手術を行いました。それから体重が減り続け、今では55キロから56キロの間を往復するほど体重が激減したのです。

 田舎のことゆえ口の悪い人は「若松さんは痩せてしまってどうやらガンらしい」という噂を立て始めたのです。特に田舎のおばちゃんの口に戸はたてられませんから、噂はまたたく間に町十に広がってしまいました。今でもそのことを信じて遠回しに「ガンには○○という薬が聞く」などと勧めてくれる人もいるほどです。

 私の友人には胃を摘出した人や肝臓が悪い人、糖尿病予備軍のが沢山います。でもその人たちはいつの間にか好きだったタバコを吸いお酒を飲んでいるのです。私は元々たばこは吸いませんが、お酒はビールを浴びるほど飲んでいました。胆のう手術を機にきっぱりとお酒を止めました。胆のう摘出手術後は肉や天ぷら、お菓子類が好きでなくなってそのことが原因かどうか分かりませんが、体重はこの10年近く微減微増を繰り返して今の体重を維持しているのです。

 私は風呂が大好きで、今は暇ができればリフレッシュするため温泉に出かけます。温泉は全員が裸で入浴するため皆さんの体型をよくよく観察してみると、以外とお腹の出た体型の人が多いことに驚くのです。私のようにリフレッシュするため温泉に来る人もいますが、概して痩せたいという願望を持った人が多いようです。サウナに入って汗を流しては体重計に乗って自己満足しているのに、早くも休憩室で缶ビールを自動販売機で買ってのでいる人をよく見かけるのです。それほどしなくてもと思うのは当然、でも酒のみだった昔を経験した私には風呂上りのビール一杯の味を知っているだけに理解もできるのです。

 あるお医者さんの話によると人間の体は風船のようなもので、最初膨らませるのにはかなりの力が必要ですが、ある程度大きくなると案外軽い息で風船は膨らむのです。また一度膨らませた風船は次に膨らませるとゴムが伸びて最初より簡単なのです。人間の体もまったく同じで、せっかく源流を試みて細くなってもリバウンドし易いのだそうです。温泉での会話は楽しいもので、政治やスポーツなど様々ですが、健康に関する会話も沢山聞くことができます。まるで医者のように詳しい人のほとんどは一度や二度重い病気にかかった人が多いようです。

 痩せたいが中々痩せないというのはオンネの話のようですが、痩せるためにはサウナや温泉もさることながら食生活の改善や運動をしなければならにのは当然のことです。私もただ今少し筋力アップを推進中です。

  「そういえば ふとった人が 増えてきた メタボほどでは ないとはいうが」

  「最近は 新聞折り込み 痩せ話 サプリくらいで 痩せるものかと」

  「痩せ薬 飲んで命が 縮まった よくある話 百害一利」

  「痩せたねと 言われて皮肉 思う人 嬉しい反面 辛い一言」

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。