shin-1さんの日記

○お酒を止めて早9年になりました

 私にとって21世紀が始まった2001年は忘れられない思い出の年でした。この年はおふくろが亡くなり、えひめ丸が沈没し、自らも胆のう摘出手術を受けるなど、内外ともに多難でした。その年からおふくろに誓い、えひめ丸に誓い、そして自分自身の健康のためにあれ程飲んでいた酒を断ったのです。酒も煙草も中々止めれるものではありません。幸いたばこは生まれてこの方吸った経験がないので分かりませんが、つきあいのある酒も中々やめれるものではありません。それは胃ガンで胃の摘出手術をしながらそれでも酒を止めれない人を見ても明らかなのです。

若松進一ブログ (送別会もいつとはなしに大酒飲みの会になりました)

 でも私は「あなたは偉い」と妻が褒めてくれるように私はきっぱり酒を断つことが出来たのです。今はそのきっかけになったおふくろの死やえひめ丸の沈没、自分自身の病気など転機となった悲しい出来事に感謝するのです。元来私は酒が心から好きでなかったのかも知れません。青年団で反吐を吐くほど酒の修業をさせられ、その挙句呑み過ぎたのか病気になり、そのことがきっかけで役場に入庁しました。その後養生のつもりで5年間は酒を止めていましたが、社会教育やまちづくりの世界に没頭するようになって再び酒を呑み始め、2001年まではたらふく酒を呑んだように思うのです。しかし50代の10年間は人間牧場構想を実現するため資金集めの一環として毎月10日間酒を止めその日には呑んだつもりで一日千円のつもり貯金をして10年間で百二十万円を貯めたのですから、自分が自分を偉いと褒めるのです。私の場合0か100なので、呑むのであれば思いきり100、呑まないのであれば0という考えなのが酒を断つことができた最大の要因なのです。

若松進一ブログ (こんなに飲めるとは羨ましい限りです)

 最近まで飲み会は冷たいウーロン茶を飲んでいましたが、ウーロン茶を飲み過ぎると体の調子が悪いようなので、このところは熱いお茶を飲むようにしています。笑い話ですが冷たいウーロン茶はそれなりのお金がいるのに熱いお茶はタダなのです。昨日も熱いお茶を店員さんに不思議がられながら3杯もお代りをしてしまいました。お茶は体に合うのか多少の見過ぎても二日酔いににはなりません。唯一の害は夜トイレに起きなければならないことくらいです。でもビールだって飲み過ぎるとトイレが近くなるし、酒の匂いは飲まなくなって久しい私には少々臭い話になるのです。

若松進一ブログ (岡崎事務局長のエールについほろりとしました)

 酒を飲んでいた頃は10円タクシーと呼ばれた妻の自家用車での迎えや、帰り際のラーメン食いなど暴飲暴食と妻への迷惑は常習でした。お陰でラーメンに付き合った妻はいつの間にか気がついた頃には小太りして、ダイエットに一苦労も二苦労もしたようです。

 「酒を呑まずにまちづくりなど語れるか」と言っていた私が、今では「酒を呑まないと語れないようなまちづくりは本物ではない」と言っているのですからいい加減なものです。それでもふと酒の勢いを借りて仕事をした昔が懐かしく、やはり神代の昔から酒は元気の出る水だと思っているのです。

 多分私は自分自身への誓いもあって死ぬまで酒を呑まないだろうと思います。そのことで少しでも長生きできるとしたら、それはそれでいい終り方だったと思うのです。

  「酒のない 国へ行きたし 二日酔い 三日三晩の 気持ち悪さよ」

  「酒断って あれから九年 経ったのか これから先も 死ぬまで止める」

  「母感謝 えひめ丸にも 感謝する 病気にまでも 感謝忘れず」

  「酔うほどに くどい話の 友人を 見ては昔の 自分と重ね」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。