shin-1さんの日記

○今日は特別な日

 朝起きて書斎に入り、身の回りを見渡しました。いつもの朝と変わらず、部屋の雰囲気も別に変った様子はないのですが、昨日から自分の心がどこかすっきりしたような気持なのです。というのも今日は午後から私が長年代表運営委員を務めてきたえひめ地域づくり研究会議の今年最後の運営委員会なのです。4年前長年やってきたこともあって後進に道を譲るべく辞意を表明しましたが、結成20周年が終わるまでと再任され、20周年が終われば全国大会が終わってからと4年間も辞任は延び延びになっていたのです。

 20周年も全国大会も深くかかわって事業をなし終え、それなりの成果を収めたので引き際が肝心と今期で幕引きをすることにしたのです。年齢や体力的にはまだ自信はあっても、組織を改革するには「去ることが一番」と心に決めて、しっかりと手順を踏んで理解を求めました。お陰さまで来期の役員人選も水面下で行われ、やっと重い肩の荷を下ろせる所まで来ました。

 思えばえひめ地域づくり研究会議と私の付き合いは長くて深く、結成以来22年もの長い間、その中心に置かせていただき、目の回るよな忙しさの中で多くの人たちとともに愛媛県をフィールドに活動してきました。その間県外との交流も深くこれまた多くの知人友人とネットワークを持てたことを幸せに思うのです。

 昨日は私と同じようにえひめ地域政策研究センターへの出向を解かれ、元のJAに帰られる清水研究員がわが家に見えられ、久しぶりにこの5年間を総括しながらこれからの活動について水入らずでしんみり話しこみました。私と立場が違うものの清水さんにとってもこの5年間は今までにない世界だったに違いありません。私たち日本人はゼロに戻る訓練ができていないので、ゼロの重みはこれから先も清水さんの人生について回ることでしょうが、私も4年前退職という本当の意味でのゼロに戻ることを体験しただけに、新しい職場での活躍を期待したいと思います。

 そして昨夜妻にえひめ地域づくり研究会議の代表運営委員を辞する旨を伝えました。妻は少しオーバーワークな私の仕事を日頃から気遣っていたので大層喜んでくれました。清水さんが持参してくれた谷本研究員からのことずけの全国大会報告書を見せながら、いい思い出を沢山話してやりました。妻にとってえひめ地域づくり研究会議がどんなものなのかは分かるはずもないのですが、それでも塩崎さんや近藤さんなど多くの仲間のことは随分知っていて、これからの仲間だけは大切にしてほしいと言いました。


 さてえひめ地域づくり研究会議の第一線から退く私の当面は、年度末までに少し身辺の整理をして、4月1日から始まる新しい年度に向けて目標を定めパワーアップしなければなりません。本業を退職して4年が経ちました。来年度から21年刻みの自分の人生のいよいよ最終クルーを迎えます。①自分と向かい合って生きる、②家族と向かい合って生きる、③地域と向かい合って生きるの3つをとりあえずのテーマに掲げているので、大学での教鞭や講演活動を行いながら、人間牧場を中心に①楽しいこと、②美しいこと、③新しいことの3つをキーワードに素晴らしい人生を生きたいと思っています。

 そのためにはまず健康でしょう。少し衰えつつある体もんじを巻き戻して元気を回復しなければなりません。またこれまで無造作に書き綴った膨大な資料を記録として整理することもしなければなりません。おっと、こう書くと今までと何ら変わりない忙しい人生になりそうです。

 今日は私にとって晴れ晴れとした特別な日です。


  「昨日今日 何も変わらぬ はずなのに ゼロに戻して 再び歩む」

  「少しだけ 肩の荷降ろし すっきりと 明日になったら またもや同じ」

  「いよいよか 最終コーナー 鞭を打つ 駄馬ゆえ早く 走るあてなし」

  「老兵は 去るが一番 後頼む 俺にゃあも少し やるべきことが」 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。