shin-1さんの日記

○春が来た・何処にきた・里に来た・山に来た・野にも来た

 先日の大風が春を運んできたのでしょうか、昨日あたりからすっかり春めいて、昨日はいい天気ながら黄砂の影響で遠望の視界が効かないようでした。家の周りには先日の大風で裏山から杉の葉っぱなども飛んできて、裏庭の側溝に溜まっていたので、少しは亭主らしきことをしようと殊勝にも作業着に着替え長靴を履いて掃除をしました。同居人の親父や妻から「まあお珍しい、雨でも降らなきゃあいいが」と笑われてしまいました。

若松進一ブログ(ミツバチは元気に働いていました)

 掃除をしながらふと、「人間牧場の苗床ハウスのビニール被覆は破れていないだろうか?、井上登さん方からお嫁入りしてきた蜂の巣は大丈夫だろうか?」と心配になって、急いで軽四トラックを走らせて行ってみることにしました。自宅から人間牧場までは僅か15分で到着します。人間牧場に到着するなり乗っている車の前を綺麗なキジがトコトコあるいて散歩しているのです。私は持っていたデジカメを急いでケースの中から取り出しました。久々のシャッターチャンスですが、急げば急ぐほどあどえるものです。結局は上手く撮れませんでした。

若松進一ブログ (私の前を悠然と歩くオスのキジです。どうやら下の畑に巣作りして鳴いているキジのようです)

 ミツバチの巣箱は今回も一個、無残にも風で吹き飛ばされて倒れていました。井上登さん方から興し入れの巣箱は名人が設置しただけあってビクともせず、働き蜂たちはせっせと忙しく巣箱に出入りして私を喜ばせてくれました。井上さんの話だと、ミツバチの分家まだ先の温かくなってからだそうなので、分家用に用意した二つの巣箱は今後も転げないようにしっかり固定するよう調整したいと思っています。

 苗床の被覆ビニールは無事のようでした。苗床の中では温かいからなのか早くも雑草が伸び始めていることが曇ったハウス内から見えました。サツマイモの種イモの芽吹きはまだ先のようですが、まあ順調に着床しているようでひと安心です。

若松進一ブログ (人間牧場から見える豊田漁港)

 黄砂に煙るといっても人間牧場からの近望はすこぶる良く、眼下の豊田漁港はそれは見事な風景を変らず見せていました。この原風景はやはり人間牧場の宝なのです。メジロが忙しく飛び交い、向かいの山ではまだ下手くそなウグイスが「ホーホケ」くらいで「ケキョ」まではつながらない鳴き声を出して盛んに練習をしているようです。

通りすがりに見た西嶋さんのお家ではもう早咲きの桜が満開を迎えていました。

 帰り際、閏住菜の花畑の近くに妹が店を構えるくじらに立ち寄りました。菜の花も少し峠を越しましたが、それでも特老のお年寄りや地元の保育園児がやってきて花を愛でながら楽しくひと時を過ごしていました。

若松進一ブログ(閏住の菜の花)

  「北の国 未だ氷に 閉ざされて されどわが町 春真っ盛り」

  「留守中に 強風吹いて 箱コロリ 被害少なく ホッとしました」

  「菜の花も いよいよバトン 渡すとき 来たよとばかり 桜膨らむ」

  「目の前を 剥製のような キジ一羽 悠然歩く カメラ収める」

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。