shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年3月11日

○今日は徳島へ早朝の旅立日帰りでした

 私は昔人間というのでしょうか、時間に間に合わないのがとても気になるのです。先日も私の町に視察がやってきて、その人はついうっかり時間に遅れてしまいました。私は20分も前から待ち合わせ場所に到着して待っていたのに、いくら待っても来ないのです。約束の時間くらいは守ってほしいと思いましたが、結局その人は30分も大幅に遅れ、着いた時に遅れた理由を、やれ遠かったとか、道を間違えたとか言い訳をしているようにしか聞こえませんでした。頭にきた私は「時間に遅れてくるようでは、やる気がないとも割れても仕方がありませんよ」と、厳しいかな冷たい言葉を浴びせてしまいました。

 その人は深く反省して断りをされましたが、次の日程が詰まっていて次の視察者と鉢合わせとなってしまったのです。遅れた人は遅れた分時間延長してもらうものと思っていたようでしたが、次の人は10分前に到着していたので、約束通り終わってしまいました。


 「時間を守る」ことは社会のルールですので、まるで嫌がらせのようでしたが、割り切りました。その夜泊まっていた松山道後のホテルからお詫びのメールが入り、明くる日の私の予定を聞いて、再チャレンジして色々な話を聞いて帰りましたが、私は会議も始める時間を守ると同じように止める時間も守らなければと、止める時間厳守を心がけていますが、予定の時間が終わってもダラダラと続く会議は興ざめしたようで後味が悪いものです。

 今日はコープ徳島の招きで徳島へ朝早く旅立ちました。昔娘が徳島の大学へ遊学していた頃は高速道路もなく5時間以上もかかっていましたが、今は高速道路ができて、片道220キロの道のりを3時間弱で行けるのです。10時からの会議なので6時に出れば到着するのでしょうが私は5時過ぎに出発しました。早朝の高速道路は伊予インターから徳島インターまで全て順調で、途中2か所でトイレ休憩しても、9時ころに到着しました。しかしカーナビで入力した場所は何故かコープとくしまという北島町のスーパーに着いてしまい、事務局へ電話をかけて迎えに来ていただき事なきを得ました。


 コープ徳島は日ごろお世話になっていた梶原さんが専務として出向していて、そのご縁で理事会の勉強会に招かれたのです。コープの理事会は愛媛でも毎月一回出席をして飲み込めているつもりですが、所変われば雰囲気も微妙に変わるため、様子を探りながら慎重にお話を始めましたが、やり始めるとそんなことは気にならなくなって、持前の話術でお話をさせてもらいました。理事会は理事長さんも理事さんも明るい雰囲気で助かりました。

 講演が終わり昼食を御馳走になってお暇しましたが、帰りはどことなく行く時より早い感じで、4時前には家に到着しました。仕事から早めに帰った妻は、私の余りの早い帰宅に驚いた様子でしたが、当の本人の私も高速交通時代の恩恵に驚きました。四国といいながら遠く離れた県外徳島で仕事をして日帰りですから、いやあ驚きました。四国でも南西部や東南部はまだ高速道路が整備されておらず、5時間くらいかかるところだってらうのです。道路特定財源や道路に対する過大投資がいつも問題になりますが、恩恵を受けるものからすれば、いい政策だと思うのです。お陰さまで今日も徳島でいいご縁をいただいて帰りました。


  「日帰りで 徳島行って 仕事する 世の中便利 なったものです」

  「忙しい 人ほど時間 考えて 使うとばかり 私も上手く」

  「始まりも 終わりも時間 守ろうよ 時間延長 まるで興ざめ」

  「徳島の 人の笑顔の 温かさ 嬉しくなって 馬力をかけて」

 

[ この記事をシェアする ]