shin-1さんの日記

○孫朋樹の入学記念菜の花ウォーク①

 昨日は薄曇りながらまずまずの天気に恵まれ、菜の花ウォークが開かれましたが、今年はこれまでのようにシーサイド公園を出発して長浜の赤橋を目指す片道コースが変更され、長浜を出発してシーサイド公園を目指すコースに変更されました。昨年は妻や妻の友人とともに歩きましたが、今年は孫朋樹と歩くことにしました。孫朋樹は今年の春小学校に入学するとはいいながらまだ20キロも歩く自信がないので、とりあえず私と二人の自主コースを設定し、下灘運動公園からシーサイド公園までの7キロコースに挑みました。

 前もって娘に下灘運動公園まで車で送ってもらい、10時に出発しました。

若松進一ブログ

 昨日は熱くも寒くもなく、絶好のウォーキング日和で、海からの風もそよ風程度で、国道沿いい20年前に植えた桜の木々の芽も大きく膨らんで、あと10日もすれば咲き始めるようです。

 最初の目的地は下灘駅です。浄土の緩やかな坂を登りました。眼下向こうには下灘の街が一望できて、中々いい眺めですここもチェックポイントです。

若松進一ブログ

 下灘駅に着くと、顔見知りの市役所職員が駅舎の中で夕日や夕焼けフォトコンテストの作品を展示する作業をしていました。ここで一服です。列車を待つ顔見知りの皆さんとあいさつを交わしながら休んでいると、マッチ箱のような一両の列車が構内に入ってきました。孫朋樹は出発間近な列車と競争した走ったりして楽しんでいました。

若松進一ブログ

 その後共栄製材所や日喰の一本松お地蔵さんにお参りしながら次のポイントである閏住のくじらという店を目指しました。ここは私の実妹が経営する小さな店です。この日は姉たちや家族も手伝いに来ていて、一年で一番の稼ぎ時の準備をしていました。私は大きなお釜で炊いたおでんをご馳走になり、お餅までお土産にいただきましたが、朋樹はジュースを買って飲みながら一休みです。

若松進一ブログ

 閏住の菜の花畑はもう満開で、傍の倉庫では閏住の地元の人が菜の花ウォークを盛り上げようとお餅をついたり、即売の店を出したりしていました。男性の方はビールを飲みながらもう出来上がっている人もいて、毎年ながらジュースの接待を受けました。
 道端の草花を摘んだり、枯れたススキの枝を取って遊んだりの気ままなウォーキングなので疲れもせず、軽快に歩きました。


  「入学の 記念に歩く 孫私 相棒よろしく お手々つないで」

  「いつの間に 大きくなった 孫の手に 爺体温 温もり伝え」

  「列車来て シャッターチャンス 逃すまい 一枚ポーズ 孫も緊張」

  「グツグツと 大鍋おでん 煮えている お一つどうぞ 接待嬉し」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。