shin-1さんの日記

○九州(吸収)合併ではなく四国の合併とは面白い

 合併して行政上の名前が地図上から消えたまちへ行く度に、どこか灯が消えたような感じがするのは私だけでしょうか。私の町双海町も行政上の名前は地図上から消えました。しかしかろうじて双海町という地名は新しい市の名前の下に残っていますが、昔の自治体の名前まで消されたまちへ行くと、まさに対等合併とはいえども吸収合併だったことを実感するのです。笑い話ですが「ここは吸収合併ですか」と尋ねたら、「いやいや九州ではありません。ここは四国ですから」とジョークが返って大笑いをしました。

 昨日松山市の向こうにある旧北条市へ行きました。まちづくり協議会を作るべく設立準備会を立ち上げているようで、その全体会に招かれたのですが、やはりどこか沈んだ空気は否めませんでした。それでも会場には男性を中心にかなり集まっていて、海が始まる頃には満席となりましたが女性はちらほらでした。


若松進一ブログ

 北条といえば合併前は3万人そこそこの市だったように思います。ゴルフ場も3ヶ所あって、前海には鹿島というかつては有名な観光の島があるのです。北条の人に聞けば北条=鹿島と答えるほど鹿島は北条にとってシンボル的な存在なのです。ご存じのように南宇和郡の旧西海町にも同じ地名の鹿島がありますが、最近はどちらも観光面では苦境にあえいでいるようです。

 私たちが子どもの頃や青年の頃は鹿島といえば有名で道後動物園、松山城とともに遠足に行く場所でした。遊覧船に乗って渡る鹿島はまるで別世界のようで、鹿が沢山群れていたのを思い出します。最近は近くに道の駅ができ、その海岸も整備されたため、鹿島はすっかり忘れ去られた存在になっているようです。でも鹿島の魅力は道の駅のような急ごしらえなものではないので、生かし方によっては大きな観光資源となることは間違いのないことです。そのためには物語をしっかり作りみんなで育てて行かなければならないと思うのです。


 昨日も何人かに「若松さん、双海の夕日も綺麗ですが、北条の夕日も負けないほど綺麗ですよ」と聞かされました。私はその都度「それがどしたん」と返してやります。だって夕日が綺麗だと思うのなら、行動を起こして夕日の美しさを表現しなければ、知らない人には伝わらないのです。

 私がやった夕焼けコンサートも、作った道の駅しーさいどふたみも全て夕日の物語の一つなのです。多分夫婦岩のある北条鹿島の夕日は双海の夕日より一枚も二枚も上だったはずなのですが、物語性やこだわりにおいて

双海町や私には負けるのです。行政が一歩手を引いた今となっては住民が立ち上がり、住民の手でこれらを動かす以外ないのです。その意味ではまちづくり協議会の行方に期待したいと思うのです。

 知人友人が沢山集まっていて、帰り際わざわざ玄関先まで送ってくれました。


  「久し振り 訪ねた地域 活気失せ 少し気になり 頑張れ激励」

  「吸収と 九州かけて 大笑い ここは四国だ なるほど相槌」

  「船着場 人の影なく 寂しけり かつてはあった 賑わいどこに」

  「穏やかな 北条の海 雨曇り 今度必ず 晴れの鹿島へ」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。