shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年3月2日

○体調変化の兆し

 私は元来体は丈夫にできていて、人様のように頭や腹がうずいたり、体に異変が起こることが少ないタイプなのですが、今年の年末年始に風邪をひいてから体の異変が起こったのか、3日前に食当たりをしてしまい、腹は痛くならなかったものの胃の中が空になるような下痢に見舞われました。食べた物をあれこれ考えてはみたのですが、同じものを食べた妻に食当たりはなく思い当たる節がないのです。普通は逆で食べ物に敏感な妻が食当たりしても私は平気なことが多く、妻を羨ましがらせていたのです。妻が「私が作ったた料理のせいではない」と犯人夏かされることを嫌って、「同じものを食べたのだから」自己弁護しているのですが、妻の言うように「このところ忙しかったから疲れているのよ」と、体調を気遣ってくれました。

 それでも明くる朝からえひめ地域づくり研究会議の研修旅行に、一応責任者として参加しなければならず、下痢のため度々トイレへ行き寝れない夜を過ごしたつけは大きく、参加した人からいつも元気はつらつな私と違う様子を見て、「若松さん体調が悪いの?」と気遣ってくれるほどでした。

 私は出がけに妻に正露丸を出してもらって3粒飲みました。食当たり、水当たりには正露丸はよく効くのでいつも愛用しているのですが、この日もお陰さまで下痢はおさまり、体調も昼過ぎには回復しました。それでも日ごろあり得ない眠気は終日続きました。

 年末年始に風邪で体調を崩した時も、歳を感じたり体力の衰えを実感したので、今回もそのことを頭に入れて行動しないと、取り返しのつかないことになりそうな予感がしました。このところ相次ぐ長旅による疲労の蓄積が体の目に見えない部分に少しボディブローのように効いていたような気もするのです。

 3月いっぱいはまだ忙しい予定が組まれていて、気を引き締めてつとめてリラックスした日々を過ごせるよう気遣いをしたいと思っています。余裕といえば机の上が少し乱雑になっているようです。締切のの原稿もまだ2つもあって、その調べ物のために出した本がそのままになっていたりするのです。また昨日届いた郵便物も封を切ることもなく机の隅にうず高く積まれています。今日も大学や金融広報委員会のの会議が予定されていているのでとにかく早く体調を整えて、バックヤードの整理整頓をしたいと思っています。

 健康といえば、最近は寒かったせいもあって運動不足になっているようです。携帯電話についている万歩計の歩数経歴などは惨憺たるもので、歩く距離をできるだけ伸ばそうと試みてはいるのですが、昨日のように旅に出た時ですらかろうじて10,299歩ですからもっと歩かなければなりません。


 私の体調変化の兆しは妻も気が付いているようで、自分の体調もさることながら私の体調を気遣って盛んに食事面に気を使ってくれています。例えば昨日は柳井から乗ったフェリーが三津浜についた頃携帯電話がかかり、「何時に家へ到着するか」と聞くのです。「食事の準備がある」と付け加えました。家に帰ると期せずして御飯が炊きあがって、炊き立てのおいしい御飯を食べることができました。また美味しい早良の刺身が食卓に並び、野菜のしゃぶしゃぶとともに、栄養満点、家庭円満を満喫しました。

 子どもたちもそれぞれ独立し、私たち夫婦もそろそろ老域、お互いがお互いをいたわる年代になりつつあることを実感しつつ、これからは夫婦が健康を第一に日々の暮らしを整えて行きたいと思っています。


  「家に着き あったか御飯 炊きあがる 機を見て敏の 妻に感謝し」

  「正露丸 たった三粒で もうケロリ 落ち目の体 実感しつつ」

  「歩く距離 運動量も これじゃダメ 体鍛えて 若さ回復」

  「春来れど どこかすっきり せぬ体 波状攻撃 忙し日々が」

 

[ この記事をシェアする ]