shin-1さんの日記

○効果的に学ぶための10の条件

 今日は金融広報アドバイザーの研修会があって、日本銀行松山支店の会議室で神妙に研修をしました。がさつな私にとって屋外活動や他の町を訪ね歩くことは意外と得意なのですが、座って長時間研修するのは苦手な部類なのです。それでもアドバイザーとしての役目を全うするためには不得意を得意にしなければならないと決意し挑戦しているのです。

 最近は私のような古いアドバイザーに交じって若い弁護士さんもメンバーに加わり、少し切り口の違った活動や運動にシフトしていることを嬉しく思いながら、そろそろ私も時代遅れになったのかと、引き際を考えているこのごろです。

 今日の午前中の講話は「消費者被害参加型研修の手法とあわせて」という演題で、弁護士の石光アドバイザーの担当でした。トレーニングの4つの要素を目的・構成・行動・配慮の順で説明し、参加の手法を分かり易く話してもらいました。

 私が一番気に入ったのは、配布された森田ゆり著「多様性トレーニング」(解放出版社)というテキストに出ていた「効果的に学ぶための10の条件」でした。残念ながら時間的余裕がなくこの条件の説明はありませんでした。

 1、人は物理的、心理的に安心できる環境で最もよく学ぶ。

 2、人は知的、感情的に適度の刺激を受けることで最もよく学ぶ。

 3、人は学びたいとの自主的な動機を持つとき最もよく学ぶ。

 4、人は具体的で現実的な内容について最もよく学ぶ。

 5、人は単一でない多様な教え方のもとで最もよく学ぶ。

 6、人は新しい知識を、既に持っている知識や経験と関連づけることで最もよく学ぶ。

 7、人は主要な基礎概念については繰り返し提示されることで最もよく学ぶ。

 8、人は学びのグループの一員であるとの帰属感を得られるとき最もよく学ぶ。

 9、人は問題解決のプロセスに参加することで最もよく学ぶ。

 10、人は自分で選択する自由を保障されているとき最もよく学ぶ。

 なるほどと感心しながら、一つ一つに思い当たる節を想定しながら考えてみたのです。私もこれまで様々な学びの場に参加し、また他の人に学びの場を殆ど無意識に提供してきましたが、これからは学びの10の条件を参考にしながら組み立てて行かなければならないと思いました。

 午後は高齢・障害者雇用支援協会の井上業務部長さんが「高齢者雇用の現状と課題」について話されました。高齢化社会になり、60歳定年の延長問題は法律の施行によって随分進みつつあるようです。しかし一方では雇用される側と雇用する側の間にまだまだ解決しなければならない沢山の問題があることも感じました。この問題は沢山のデーターをいただきましたので、近いうちに私なりにまとめておきたいと思っています。

  「俺などは 古い人間 そう思う 若い発想 どんどん吸収」

  「定年が 延長される その度に 若い人たち 何時まで経っても」

  「どうすれば 学び効率 上がるのか なるほど今日は いいこと聞いた」

  「何気なく 配布の資料 目を通す 俺にとっては 重要情報」 


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。